杉本京太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉本 京太(すぎもと きょうた、1882年9月20日 - 1972年12月26日)は、邦文タイプライター[1]和文タイプライター)の発明者である。1985年、特許制度制定百周年を記念して人選された「日本の発明家十傑」に選ばれた。1953年藍綬褒章、1965年勲四等旭日小綬章を受勲した。

生涯[編集]

  • 1882年 岡山県生まれ。
  • 1899年 17歳で大阪に移り、電信技術研究所に勤務。その後、大阪市電信技術者養成所を修了。
  • 1912年 30歳で大阪活版印刷研究所の技術主任となり[2]、設計製図、木型組み、活版事業の指導を行なう。その後大阪活版印刷研究所が改称し活版術改良協会として東京に移転した際、杉本も上京する。
  • 1914年 独立し、邦文タイプライターの開発に専念。
  • 1915年 邦文タイプライターを発明し、「特許第27877号タイプライター」を取得した。この時のタイプライターは1台定価180円。
  • 1917年 大谷仁兵衛、杉本甚之助とともに日本タイプライター株式会社(現キヤノンセミコンダクターエクィップメント株式会社)創立[3]。また「華文(中国語文)タイプライター」も製造し上海で販売を開始した。
  • 1920年 邦文モノタイプ(活字鋳造機)を発明、製造開始。
  • 1936年 国産の小型トーキー映写機開発。
  • 1972年 死去。

和文タイプライター発明[編集]

日本語では文章を構成する文字数が多いため、文字数の少ない欧文タイプライターの機能はそのまま使えないと言う制約があり、当時タイプライターの開発は困難であった。杉本は文字の使用頻度を考慮し2,400字を選び出し独自の配列で文字庫に並べた活字を、前後左右に稼働するバーで選択しつまみ上げ、円筒に巻かれた紙に向かって打字すると言う機構を開発した。この方式の和文タイプライターで1920年代には政府公文書の多くが作成されるようになり、1980年代に日本語ワードプロセッサーが普及するまで官公庁や企業・教育機関などで使用され、日本における書類作成事務効率化に大きな役割を果たした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特許庁資料:「杉本京太の代表的発明(邦文タイプライター)」 [1]
  2. ^ 小倉幸義「実業家としての杉本京太 : 大正期実業家像の一類型」亜細亜大学商学部
  3. ^ http://www.canon-semicon.co.jp/profile/enkaku.html

外部リンク[編集]