杉本京太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉本 京太(すぎもと きょうた、1882年9月20日 - 1972年12月26日)は、邦文タイプライター[1]和文タイプライター)の発明者である。1985年、特許制度制定百周年を記念して人選された「日本の発明家十傑」に選ばれた。1953年藍綬褒章、1965年勲四等旭日小綬章を受勲した。

生涯[編集]

和文タイプライター発明[編集]

日本語では文章を構成する文字数が多いため、文字数の少ない欧文タイプライターの機能はそのまま使えないと言う制約があり、当時タイプライターの開発は困難であった。杉本は文字の使用頻度を考慮し2,400字を選び出し独自の配列で文字庫に並べた活字を、前後左右に稼働するバーで選択しつまみ上げ、円筒に巻かれた紙に向かって打字すると言う機構を開発した。この方式の和文タイプライターで1920年代には政府公文書の多くが作成されるようになり、1980年代に日本語ワードプロセッサーが普及するまで官公庁や企業・教育機関などで使用され、日本における書類作成事務効率化に大きな役割を果たした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特許庁資料:「杉本京太の代表的発明(邦文タイプライター)」 [1]
  2. ^ 小倉幸義「実業家としての杉本京太 : 大正期実業家像の一類型」亜細亜大学商学部
  3. ^ http://www.canon-semicon.co.jp/profile/enkaku.html

外部リンク[編集]