役に立つ馬鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政治的用語の役に立つ馬鹿(英語: useful idiot)とは、目指している方向を理解しないまま宣伝活動を行う人々であると認識され、実際は指導者からは冷笑されている人々を指す、軽蔑表現である。

この用語は元々、西側諸国に存在するソビエト連邦シンパを指す言葉として用いられた。意味としては、本人は自分自身をソ連の協力者であると無邪気に考えているが、実際には軽蔑し冷笑されていた人々を指している。

それ以降この政治的用語は、良い活動をしていると無邪気に信じ実際には無意識に悪事に荷担している宣伝者を指す、広義の用語となっている。

起源[編集]

西側メディアで初めて使われたのは、1948年のイタリアの社会民主主義紙L'Umanitaであると、同年のニューヨーク・タイムズ紙のイタリア政治面で引用している[1]

多くはレーニンの発言だと記されているが[2] 、1987年にアメリカ議会図書館の図書館員グラント・ハリスは、「この発言をレーニンの出版された著作から見つけることはできなかった ("We have not been able to identify this phrase among Lenin's published works.")」[3]との声明を出している。

類似用語の 役に立つ愚者(英語: useful innocents)は、オーストリア系アメリカ人経済学者のルートヴィヒ・フォン・ミーゼスが著書 "Planned Chaos" で用いている。ミーゼスは、この用語はミーゼスにより「"confused and misguided sympathizers"」と表される、リベラルな共産主義者に対して用いている。[4]

現代での用語[編集]

「役に立つ馬鹿」は利益の為の力になる単純な企ての悪意のある原因に無意識に協力する人たちに対する軽蔑語 (Pejorativeとしてしばしば使用される。例として、数人のコメンテーターが、宥和政策に基づくアプローチの支持がイスラーム過激派を効果的に支援することになることを信じている評論家たちを表現するために使われている。アンソニー・ブラウン英語版イギリスタイムズ紙にこう書いている[5]:

イギリスのエスタブリシュメント内にある要素はヒトラーに対する悪意のある同情だった。今日のイスラミストは同じような支援を楽しんでいる。エドワード8世の時代である1930年代、貴族やデイリー・メール、この時は左翼活動家だ、ガーディアンBBCの一部。彼らはグローバルな神権政治を望んでいなかったが、ソビエト連邦の西のアポロジスト、つまり「役に立つ馬鹿」が好きだった。

2010年、BBCはラジオドキュメンタリーでハーバート・ジョージ・ウェルズドリス・レッシングといったイギリスの著名作家数名、アイルランドの作家であるジョージ・バーナード・ショー、アメリカのジャーナリストであるウォルター・デュランティ英語版や歌手のポール・ロブスンによるヨシフ・スターリンの「役に立つ馬鹿」が紹介された[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "COMMUNIST SHIFT IS SEEN IN EUROPE; Tour of Two Italian Leaders Behind Iron Curtain Held to Doom Popular Fronts", Arnold Cortesi, New York Times, June 21, 1948 p. 14
  2. ^ http://www.capitalismmagazine.com/books-non-fiction/2798-useful-idiots.html The term "useful idiots" has been attributed to Lenin, as a description of those mindless people in the Western democracies who would always find ways to excuse whatever the Soviet Union did.
  3. ^ Boller, Jr., Paul F.; George, John (1989). They Never Said It: A Book of Fake Quotes, Misquotes, and Misleading Attributions. New York: Oxford University Press. ISBN 0-19-505541-1. 
  4. ^ "PLANNED CHAOS" p.17 in electronic document; Ludwig von Mises;http://mises.org/books/plannedchaos.pdf
  5. ^ Browne, Anthony (2005年8月1日). “Fundamentally, we're useful idiots”. The Times (London). オリジナル2006年1月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060108100233/http://www.timesonline.co.uk/article/0,,1072-1716156,00.html 2010年5月27日閲覧。 
  6. ^ Useful Idiots - Part One

外部リンク[編集]