巌本善治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巌本 善治
(いわもと よしはる)
200
ペンネーム 井上 次郎・月の舎主人・月の舎しのぶ・是空氏・みどり・もみぢ・かすみ
誕生 井上 善治
1863年7月30日
但馬国(現・兵庫県豊岡市出石町
死没 1942年10月6日(満79歳没)
豊島区西巣鴨
墓地 染井霊園
職業 女性教育家、評論家、事業家
最終学歴 学農社農学校
活動期間 1880年 -
ジャンル 教育・評論
主題 女子教育、女性啓蒙、キリスト教勝海舟
文学活動 女性解放運動
代表作 海舟座談
配偶者 若松賤子
子供 巌本荘民(長男)、巌本清子(長女)、巌本民子(次女)
親族 巌本真理(孫)、中野登美雄(女婿)、松浦嘉一(女婿)
テンプレートを表示

巌本 善治(いわもと よしはる、文久3年6月15日1863年7月30日) - 昭和17年(1942年10月6日)は、女性教育家、評論家、事業家。

生涯[編集]

但馬国出石藩(現・兵庫県豊岡市出石町)の儒臣・井上長忠の次男に生まれた。慶応4年(1868年)、母方の叔父で福本藩の家老格・巌本範治(琴城)の養子になった。明治9年(1876年)、上京して中村正直同人社で、英語・漢文・自由主義などを学んだ。ミルスペンサーなどの影響を受けた。

明治13年(1880年)、津田仙学農社農学校へ進み、翌年から同社の『農業雑誌』に小論文を書いた。二宮尊徳の『報徳記』を愛読した。

明治17年(1884年)、下谷教会で同郷の牧師木村熊二より受洗した。同年、学農社を了え、『農業雑誌』の編集に携わり、『基督教新聞』に寄稿した。修正社から、近藤賢三と『女学新誌』を発行した。『女学』は、「女性の地位向上・権利伸張・幸福増進のための学問」を意味した。

明治18年(1885年)、修正社と齟齬して『女学新誌』を離れ、近藤を編集人とする『女学雑誌』を創刊し、月の舎主人・月の舎しのぶ・是空氏・みどり・もみぢ・かすみ他の筆名で毎号のように書いた。同年秋、木村熊二が、九段下牛ヶ渕(現・東京都千代田区飯田橋)に開いた明治女学校の、発起人に名を連ね、また、『基督教新聞』の主筆になった。明治19年(1886年)5月に近藤が急逝した後を受け『女学雑誌』の編集人となり、さらに8月に木村の妻で明治女学校取締役の鐙子が急逝した後を受けて明治20年(1887年)3月に明治女学校の教頭となり、実務を執った。6月、東京基督教婦人矯風会の『東京婦人矯風雑誌』の編集名義人になった。10月に発行した『木村鐙子小伝』の序を、故人の旧知で40歳年長の勝海舟に依頼しに行ったのを縁に、勝邸に頻繁に出入りするようになった。

フェリス女学院に講演に行って助教・若松賤子を知り、明治22年(1889年)、横浜海岸教会で結婚した。

明治23年(1890年)、発足した東京廃娼会の委員となり、各地に遊説した。星野天知と女学雑誌社から『女学生』を創刊した。キリスト教系の18の女学校の生徒に投稿させる雑誌だった。明治25年(1892年)、明治女学校の校長になった。

明治女学校で教え、『女学雑誌』に寄稿していた星野天知・北村透谷島崎藤村平田禿木浪漫主義者が、巌本の下では書き難くなり、明治26年(1893年)、『文学界』を創刊した。

教会や宣教師の経済的援助を受けなかったので、学校の経営は苦しかった。その上、明治29年(1896年)2月の失火で校舎・寄宿舎・教員住宅の大半を失い、前から肺を病んでいた妻の若松賤子が、その直後に没した。

明治32年(1899年)、勝海舟の死没直後、かねて『女学雑誌』誌に連載した座談を、『海舟余話』に纏めて刊行した。

学校再建の傍ら、宗教・政治の活動を続けたが、明治36年(1903年)末『女学雑誌』の編集人をやめ、明治37年(1904年)春、明治女学校の校主に退いた。

明治38年(1905年)、押川方義韓国へ渡った。明治40年(1907年)、ブラジル移民を扱う明治殖民会社を興した。翌年ペルーに渡った。大正元年(1912年)、コーヒーの直輸入会社カフェ・パウリスタを興した。大正5年(1916年)、明治女学校の跡地に信託合資会社を設立した。大正13年(1924年)、日活の取締役になった。

プロテスタンティズムの警世家、女性啓蒙家として活動した巌本には、不名誉な噂が付いて回った。女癖が悪かった。若松賤子がそれを他言していた[1]。 明治女学校の生徒だった相馬黒光がそれを非難している[2]。そして詐欺的行為も犯したと星野天知[3]や平田禿木[4]が書いている。

昭和5年(1930年)、『海舟座談』を編集出版し、さらに昭和12年(1937年)、それを増補した。この年、林銑十郎の組閣に口を出した。自宅を「神政書院」と名付け、国家神道を説いた。『大日本は神国なり』との本に序文を書いた。

昭和17年(1942年)10月6日、豊島区西巣鴨の自宅で没した。墓は染井霊園にある。

ヴァイオリニストの巌本真理は、長男・荘民(まさひと)の娘である。法学者中野登美雄および英文学者松浦嘉一はそれぞれ長女・清子(きよこ)、次女・民子(たみこ)の女婿である。

著作[編集]

図書[編集]

  • 『吾党之女子教育』 明治女学校、1892年3月31日NDLJP:808102
    • 『吾党之女子教育』第2巻、中嶌邦 監修、日本図書センター〈近代日本女子教育文献集 第1期〉、1983年11月。ISBN 4-8205-6853-1
    • 『吾党之女子教育』第2巻、中嶌邦 監修、日本図書センター〈近代日本女子教育文献集 第1期〉、2002年6月、新装版。ISBN 4-8205-6855-8
  • 『教育学講義』 女学雑誌社、1893年5月19日NDLJP:808402
  • 「一周忌日勝海舟先生を憶ふ」『先覚詞藻』 進藤信義 編、鍾美堂、1901年10月、177-186頁。
  • 「満州からの通信」『北村透谷』 日本文学研究資料刊行会 編、有精堂出版〈日本文学研究資料叢書〉、1972年
  • 「女学雑誌集 巌本善治 篇」『女学雑誌・文学界集』 筑摩書房〈明治文学全集 32〉、1973年 - 『女学雑誌』への掲載稿の一部が収録されている。
「小説論」82 - 84号、「文人記者の伉儷」94、95号、「理想之佳人」104 - 108号、「女学の解」111号、「小説家の着眼」154号、「国民之友第四十八号 文学と自然」159号、「此の大沙漠界に、一人の詩人あれよ」161号、「風流を論ず」210号、「婚姻論」273、275、277号、「非恋愛を非とす」276号(徳富蘇峰の「非恋愛」(『国民之友』125号)に対する反論。)
  • 「演劇の改良」『演劇論』 野村喬藤木宏幸 編、角川書店〈近代文学評論大系 9〉、1972年

編著[編集]

  • 『木村鐙子小伝』 巌本善治 編、女学雑誌社〈女学叢書〉、1887年10月。NDLJP:781292 - 附:外山正一君手紙。
  • 『偉人物』 巌本善治 編、女学雑誌社、1894年10月。NDLJP:754642
  • 『高橋伝五郎』 巌本善治 編、女学雑誌社、1895年1月15日NDLJP:824843
  • 『In memory of Mrs. Kashi Iwamoto, with a collection of her English writings』 Zenzi Iwamoto、Z.Iwamoto、Tokyo、1896年
    • 『In memory of Mrs. Kashi Iwamoto』 巌本善治 編、山崎朋子 監修、大空社〈叢書女性論 1〉、1995年ISBN 4-7568-0010-6 - Reprint:Originally published:Yokohama:Yokohama Seishi Bunsha, 1896年.
  • 『海舟余波』 巌本善治 編、勝海舟 述、女学雑誌社、1899年4月1日NDLJP:781224

校閲[編集]

  • 高橋要亮 『廃物利用』一編、巌本善治 閲、経済雑誌社、1885年10月25日NDLJP:845530 - 表紙の書名:『経済秘法廃物利用 すたれ物用ゐ方』。
  • 高橋要亮 『廃物利用』二編、巌本善治 閲、経済雑誌社、1886年11月NDLJP:845529 - 表紙の書名:『経済秘法廃物利用 すたれ物用ゐ方』。
    • 近藤賢三 『廢物利用 經濟秘法 すたれ物用ゐ方』初編、巖本善治 校閲、經濟雜誌社、1887年4月18日、再版。NDLJP:1084032

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 星野天知:『黙歩七十年、「壮年時期上、神前の名薬も妻の故障で」』
  2. ^ 相馬黒光:『黙移、「巌本校長の人物」』
  3. ^ 『黙歩七十年、「壮年時期上、巌本善治妻若松賤子女史」』
  4. ^ 平田禿木:『文学界前後、「樋口一葉」』

参考文献[編集]

  • 石丸久編:『年譜』、巌本(1973)所載。
  • 勝部真長:『解説』、勝&巌本編(1983)所載
  • 作田啓一 「恋愛観と家族観――北村透谷と巌本善治」『近代日本社会思想史』 古田光作田啓一生松敬三 編、有斐閣〈近代日本思想史大系 第1巻〉、1968年 - 監修者:宮沢俊義,大河内一男。
  • 昭和女子大学近代文学研究室 「児玉花外」『近代文学研究叢書 第52巻』 昭和女子大学近代文化研究所、1981年5月。 - 『女学雑誌』に載せた多くの啓蒙的論文の目録を収録。
  • 青山なを 「巌本善治の子」『国文学研究』 第7号(1971) - 巌本善治・若松賤子とその子ら清子、荘民、民子について。

外部リンク[編集]