山海塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山海塾(さんかいじゅく)は、1975年に設立された天児牛大(あまがつ うしお)主宰の舞踏グループ。

概要[編集]

日本国外での評価が高く、世界のコンテンポラリーダンスの最高峰である パリ市立劇場 (Theatre de la Ville, Paris) を拠点として、およそ2年に一度のペースで新しい作品を発表し続けている。1980年に日本国外での公演を開始して以来、世界43ヶ国のべ700都市以上で公演を行っている。

歴史[編集]

  • 1975年、主宰・天児牛大によって創設。設立当時天児は麿赤児率いる大駱駝艦のメンバーでもあり、大駱駝艦舞踏山海塾というグループ名で公演を行っていた。
  • 1977年、旗揚げ公演『アマガツ頌』。
  • 1978年、記念碑的作品となる『金柑少年』 を日本消防会館にて初演、その後2年間、日本国内で学園祭(筑波大学、同志社大学)などを中心とする国内ツアーをスタート。
  • 1979年、野外作品:『処理場』を発表。この時期からワールドツアーの準備を開始。
  • 1980年4月 パリ、フォーラム・デ・アールでの野外イベントを皮切りにワールドツアーをスタート。劇場公演『金柑少年』のヨーロッパ大陸初演はナンシー国際演劇祭からスタート、初年度は一年間で5ヶ国34都市115公演を行い、観客動員は3万人を超えた。
  • 1982年、作品『縄文頌』以降、パリ市立劇場と山海塾の共同プロデュ-スという形で初演が行われるようになる。
  • 1985年、アメリカシアトル公演中に、設立以来の主要メンバーであった高田悦志がビルの6階(約20m)からロープだけでぶら下がるパフォーマンスをしていた際にロープが切れ、転落死する事故が起こった。
  • 2010年、新作『から・み』はパリ市立劇場全8公演が初日前に完売するなど、30年たった2010年現在でもパリ市民から支持を得ている。

作品歴[編集]

  • アマガツ頌(1977年)
  • 金柑少年(1978年)
  • 処理場(1979年)
  • 漠紀(1981年)初演:アヴィニョン・フェスティバル
  • 縄文頌(1982年)共同プロデュース:パリ市立劇場/山海塾
  • 熱の型(1983年)共同プロデュース:パリ市立劇場/山海塾
  • 卵を立てることから―卵熱(1986年)共同プロデュース:パリ市立劇場/山海塾
  • 闇に沈む静寂―しじま(1988年)共同プロデュース:パリ市立劇場/山海塾
  • そっと触れられた表面―おもて(1991年)共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/山海塾
  • 常に揺れている場のなかで―ゆらぎ(1993年)共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/フランス国立現代舞踊センタ-・アンジェ/山海塾
  • ゆるやかな振動と動揺のうちに―ひよめき(1995年)共同プロデュース:パリ市立劇場、共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/サンカンタン・アン・イブリンヌ国立劇場/山海塾、協力:フランス国立現代舞踊センタ-・アンジェ
  • 遥か彼方からの―ひびき(1998年)共同プロデュース:パリ市立劇場/アイオワ大学ハンチャーオーディトリアム/財団法人びわ湖ホール/山海塾、協力:フランス国立現代舞踊センタ-・アンジェ
  • かがみの隠喩の彼方へ―かげみ(2000年)共同プロデュース:パリ市立劇場/財団法人びわ湖ホール/山海塾、協力:フランス国立現代舞踊センタ-・アンジェ
  • 仮想の庭―うつり(2003年)共同プロデュース:パリ市立劇場/財団法人びわ湖ホール/山海塾、協力:フランス国立現代舞踊センタ-・アンジェ
  • 時のなかの時―とき(2005年)共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾
  • 金柑少年(リ・クリエーション:2005年、初演:1978年)かつて天児牛大が踊ったソロパートを若手3人が分担し、天児自身は踊り手として出演しない。
  • 降りくるもののなかで―とばり(2008年)共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾
  • あわせ鏡のはざまで―うつし(2008年)共同プロデュース:フランス国立シャトーバロン文化創造普及センター/山海塾、過去の諸作品の群舞パートをもとにしたコラージュ作。天児自身は踊り手として出演しない。
  • 二つの流れ―から・み(2010年)共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾
  • 歴史いぜんの記憶―うむすな(2012年)共同プロデュース:リヨン・ダンス・ビエンナーレ/パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾

受賞歴[編集]

  • 1982年、ミュンヘンフェスティバルにて、TZ新聞社よりローズ賞を受賞(演目『金柑少年』)。
  • 1982年、ベオグラード演劇フェスティバルにおいてグランプリを受賞(演目『金柑少年』)。
  • 1995年、外務大臣表彰(山海塾)。
  • 2001年、第33回舞踊批評家協会賞を受賞。「新作『かがみの隠喩の彼方へーかげみ』を含む6作品の一挙上演を行い、舞踏による表現の奥行きの深さを示した成果」への授与。
  • 2002年、ローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作ダンス作品賞(Laurence Olivier Award for Best New Dance Production)を受賞。2001年5月にロンドン、サドラーズ・ウェルズ劇場(Sadler's Wells Theatre)で上演した『遥か彼方からの―ひびき』への授与。
  • 2007年、『時のなかの時―とき』が朝日舞台芸術賞グランプリ、および、キリンダンスサポートを受賞。
  • 2013年、国際交流基金賞を受賞。

映像作品[編集]

  • DVD「卵熱 卵を立てることから」2007年
  • DVD「HIBIKI」2009年
  • DVD「KAGEMI」2013年

写真集[編集]

  • 撮影・Guy Delahaye「SANKAI JUKU」2000年、Actes Sud社

文献・写真集・その他資料[編集]

  • 写真集 "Sankai Juku" 写真:Guy Delahaye 、Actes Sud 社、2000年
  • 「データブック 山海塾2001 創立25周年記念オリジナルミニパンフレット」2001年、山海塾
  • 「山海塾 ホワイトプログラム 2006」2006年、山海塾。カラーパンフレット。
  • 『オピネルと孔雀の日 山海塾初めてのワールドツアードキュメントストーリー』吉川洋一郎/幻冬舎ルネッサンス 筑波大学在籍中より山海塾全作品の音楽制作にかかわってきた著者が、最初の海外ツアーを回想。

テレビ等による放映、ドキュメンタリーなど[編集]

  • ドキュメント『山海塾』(60分)フランス公共放送アンテンヌ2(当時)にて、1983年11月放映。その他イギリスBBC及びチャンネル4、ポーランド国営放送、ドイツ国営放送、オランダ国営放送、イスラエル国営放送、ユーゴスラビア国営放送ほか。
  • 1984年『縄文頌』NHK芸術劇場にて放映。
  • 1987年『卵を立てることから』NHK芸術劇場にて放映。
  • 1986年、ヴィデオテック・ド・パリにて、『卵を立てることから』放映

外部リンク[編集]