サドラーズウェルズ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度31分46秒 西経0度06分22秒 / 北緯51.529444度 西経0.106111度 / 51.529444; -0.106111

サドラーズウェルズ劇場
現在の劇場外観
都市 Islington, London
住所 Rosebery Avenue
指定 Grade II listed
所有者 Sadlers Wells Trust
収容人数 1,560 on three levels
200 Lilian Baylis
種類 Dance, production and receiving house
開業 1683
再建 1765 Thomas Rosoman (mgr)
1998 RHWL and Nicholas Hare
旧名 The New Spa Skating Rink and Winter Garden
製作会社 レパートリーダンス
www.sadlerswells.com
1811年頃の様子。19世紀には『マクベス』 『アントニーとクレオパトラ』 といったシェイクスピア劇が盛んに上演された。

サドラーズ・ウェルズ劇場 (サドラーズ・ウェルズげきじょう、Sadler's Wells Theatre) は、ロンドンのクラーケンウェル、ローズベリー通りにある複合劇場である。バレエの劇場として最も知られているが、オペラコンテンポラリー・ダンスの公演も催されている。

1683年に企業家のリチャード・サドラーが見つけた、薬効のある井戸のほとりに建てられたミュージック・ハウスが起源である。現在の名前もリチャード・サドラーとこの井戸に由来している。

1927年オールド・ヴィック・シアターリリアン・ベイリスにより再建され、1990年バーミンガムに移転するまで、サドラーズ・ウェルズ・バレエ団 (現在はバーミンガム・ロイヤル・バレエ団) の本拠地であった。オールド・ヴィック劇場とサドラーズ・ウェルズ劇場の両方で公演を行っていたため、ヴィック・ウェルズとしても知られている。

現在の劇場は5代目で、国営宝くじ再分配基金の助成により、1998年10月11日に開場している。客席数1500席の大ホールに加え、200席のリリアン・ベイリス劇場が併設されている。また、サドラーズ・ウェルズ劇場はオルドウィッチの近くのピーコック劇場にもウェスト・エンドにおける拠点を構えている。

現在の芸術監督兼CEOはアリステア・スポルディング(Alistair Spalding)。Sadler's Wells is Danceを標語に、英国におけるダンスの中心としてその位置を築く方針を立てており、シルヴィ・ギエムアクラム・カーンクリストファー・ウィールドンシディ・ラルビ・シェルカウイなどをアソシエイト・アーティストとして登録し、新たな作品の共同制作を行っている他、シディ・ラルビ・シェルカウイの振付、中国少林寺の武僧が出演して話題となったSutraなどこの劇場から発信され、世界ツアーを行っているヒット作も生まれている。

ロンドン地下鉄の最寄駅はエンジェル駅である。

公式サイト[編集]