小浜景隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小浜 景隆(おはま かげたか、天文9年(1540年) - 慶長2年9月7日1597年10月17日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての海賊志摩国出身で、後に武田信玄徳川家康に仕えた水軍の将である。子に光隆。通称は民部左衛門。

生涯[編集]

小浜衆は現在の鳥羽市小浜に本拠を置き、伊勢湾に勢力を持っていた海賊の頭目で、伊勢国司北畠家に属した。景隆は大型の軍船である安宅船を持ち、北畠家の海賊衆を束ねていたが、織田信長の援助を受けて志摩国統一を狙う九鬼嘉隆に敗れ、伊勢湾を追われた。

元亀2年(1571年)、武田水軍創設にあたって武田信玄の家臣土屋貞綱に招聘され、信玄の家臣として仕え、安宅船1艘、小舟15艘持の船大将となる。信玄没後は武田勝頼に仕えた。

天正10年(1582年)3月に武田氏が滅亡すると、徳川家康の船大将として仕えた。慶長2年(1597年)に死去。享年58。

関連項目[編集]