大ソウ教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「大倧教」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

大倧教(だいそうきょう、대종교 (テジョンギョ))は、檀君を朝鮮民族の始祖として崇拝する朝鮮民族宗教である。李氏朝鮮の末期に現れた檀君を崇拝する新宗教のなかでも最大級のものであり、朝鮮の国民の統一と独自のアイデンティティの確立を求める民族主義的な動きに呼応して出現した宗教であった。外来の神を拒否し、朝鮮独自の神としての檀君を強調していた。

1909年1月15日に羅喆、呉基鎬、李沂、金允植、柳瑾らが檀君教 (단군교) を公表したのが始まりである。1910年7月30日に大倧教に名称を変更しようとした際、檀君教の名称を固守する鄭薫模と内紛を起こし、親日派の檀君教と抗日派の大倧教へと分派していった。

1915年10月に朝鮮総督府の「総督府令83号宗教統制案」により、大倧教は宗教団体に偽装した独立運動団体と規定され弾圧が激しくなると、すぐに総本司を満州和龍県青波湖に移して徐一、朴賛翊などと共に民族教育を行い独立活動家を養成し、『神檀実記』、『神檀民史』などの本を編纂したが、これは大韓民国臨時政府の国史教科書に指定された[1][2]

現在大韓民国に約50~60万人の信徒がおり、施教堂60箇所余、修道院40箇所余等の組織がある。

脚注[編集]

  1. ^ 박광용, 「대종교 관련문헌에 위작많다 2」, 《역사비평》, 1992
  2. ^ 2004年2月9日 이제는 말할 수 있다 - 독립투쟁의 대부 홍암 나철, MBC

外部リンク[編集]