国際ホロコースト記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際ホロコースト記念日(UN International Holocaust Remembrance Day)は、ナチス政権のホロコーストによって迫害され大量に殺害された600万人以上のユダヤ人、200万人のロマ人、1万5千の同性愛者などを記念する日である。毎年1月27日。

「ホロコースト」とは第二次世界大戦中のナチス・ドイツユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を指す。

2005年、国連総会は毎年1月27日を「国際ホロコースト記念日」と定める重要な決議を採択した。1945年のこの日、当時ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の舞台となったポーランド南部で「死の収容所アウシュビッツ・ビルケナウ」(Auschwitz-Birkenau)が旧ソ連軍によって解放された。 1940~45年にかけて、約110万人が同収容所で命を落とした。うち100万人がナチスが占領した欧州各地から連れてこられたユダヤ人だった。多くはガス室で殺されたが、銃殺刑や絞首刑にされたり、栄養失調、病気、過酷な強制労働、医学研究のためとされた人体実験で殺された人もいた。

関連項目[編集]