世界糖尿病デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界糖尿病デー(World Diabetes Day、WDD)は世界保健機関(WHO)が定めた国際デーである。11月14日で、インスリンの発見者フレデリック・バンティングの誕生日に当たる。国際糖尿病連合(IDF)とWHOが1991年に制定し[1]、2006年12月の国連総会で公認された[2]

当日は世界各地ではブルーライトアップを灯す行事が行われている[3] 。また世界糖尿病デー前後には糖尿病に関するイベントやシンポジウムなどが開かれている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界糖尿病デー” (英語). 国際糖尿病連合. 2013年5月1日閲覧。
  2. ^ 今年は「健康的な朝食」に焦点,世界糖尿病デー” (2014年11月5日). 2014年11月18日閲覧。
  3. ^ blue-monument-challenge-2012”. International Diabetes Federation. 2013年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]