世界自閉症啓発デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界自閉症啓発デーのロゴマーク

世界自閉症啓発デー(英:World Autism Awareness Day)とは国際連合が毎年4月2日に定めた、自閉症の啓発を目的とした記念日である[1]。世界自閉症啓発デーはカタールの下院議員によって提案され、全ての加盟国の支持を得て国際連合総会第76回本会議において2007年12月18日に採択された(国際連合総会決議番号62/139)[2][3][4][5]

世界自閉症啓発デーである4月2日には世界各国で様々なイベントが行われており[6]、2010年には、世界自閉症啓発デーを提唱したカタールがイスラエルと共同で世界自閉症啓発デーのメインイベントを開催した[7]。また同年には自閉症支援団体Autism Speaksにより世界各地のランドマークを青くライトアップするイベント「Light It Up Blue」が開始された

出典[編集]

  1. ^ 「世界自閉症啓発デー」とは”. 世界自閉症啓発デー 日本実行委員会公式サイト. 2012年1月10日閲覧。
  2. ^ “Third Committee calls on Assembly to designate 2 April World Autism Day” (プレスリリース), UN General Assembly, (2007年11月1日), http://www.un.org/News/Press/docs/2007/gashc3899.doc.htm 2012年1月10日閲覧。 
  3. ^ “GENERAL ASSEMBLY ADOPTS LANDMARK TEXT CALLING FOR MORATORIUM ON DEATH PENALTY, Adopts 54 Resolutions, 12 Decisions Recommended by Third Committee” (プレスリリース), UN General Assembly, (2007年12月18日), http://www.un.org/News/Press/docs/2007/ga10678.doc.htm 2012年1月10日閲覧。 
  4. ^ United Nations General Assembly Resolution 139 session 62 page 2 (retrieved 2009-10-29)
  5. ^ United Nations General Assembly Verbatim Report meeting 76 session 62 (retrieved 2009-10-29)
  6. ^ 世界自閉症啓発デーの各国の取り組み”. 国立障害者リハビリテーションセンター. 2012年1月10日閲覧。
  7. ^ 世界自閉症啓発デー(WAAD)2010年4月2日開催”. 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター. 2012年1月10日閲覧。