和泉新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和泉 新 Football pictogram.svg
Arata.JPG
名前
カタカナ イズミ アラタ
ラテン文字 IZUMI Arata
基本情報
国籍 インドの旗 インド
日本の旗 日本
生年月日 1982年7月31日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 山口県下関市
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 プネーFC
ポジション MF/FW
背番号 8
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005
2006
2006-2007
2007-2009
2009-
シンガポールの旗 アルビレックス新潟シンガポール
日本の旗 三菱水島FC
インドの旗 イースト・ベンガルFC
インドの旗 マヒンドラ・ユナイテッドFC
インドの旗 プネーFC
22 (3)
25 (1)
14 (1)
24 (2)
70 (19)
代表歴2
2013- インドの旗 インド 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2013年2月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

和泉 新(いずみ あらた、1982年7月31日 - )は、日本山口県下関市出身で、インド国籍のサッカー選手。ポジションは、MFFW

2009年よりインドIリーグプネーFCに所属し、Iリーグにおける初の日本人選手である[1]

経歴[編集]

インド人の父と日本人の母との間に下関市彦島で生まれる[1]。小学校4年生の時にスポーツ少年団サッカーを始め、彦島中学を経て下関中央工業高校に進む[2]。高校では宮本亨が同級生で、県大会で準優勝するなどの成績を残したがJリーグのチームからオファーはなく、卒業後は新潟県JAPANサッカーカレッジに入学した[1]

専門学校在学中の2005年1月からアルビレックス新潟シンガポールに所属してSリーグでプレーした。この時にIリーグからオファーを受けたが環境の違いなどから断り[3]、同年秋に帰国後は自動車工場に塗装工として勤めながら三菱水島FCでサッカーを続けた[1]。ここで再びオファーを受け、プロへの思いなどから2006年コルカタイースト・ベンガルに移籍している[3]。このシーズンは攻撃的ミッドフィールダーとして1ゴール10アシストの活躍を残し[2]、5チームからのオファーの末に2年契約でムンバイマヒンドラ・ユナイテッドFC英語版へ移籍。しかし、2007年は左足親指を骨折して6試合の出場にとどまった[1]

2008年のシーズンはデュランド・カップ英語版で優勝した[1]2009年に、1部昇格したばかりのプネープネーFCに移籍している。2012年8月、インド国籍を取得し[4]、2013年1月29日、2月6日のパレスチナ代表との親善試合で対戦するインド代表に招集された[5]。現地メディアによると、外国出身者のインド代表入りは初めてのことだという[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2005 新潟S Sリーグ 22 3
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 三菱水島 15 JFL 25 1 -
インド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2006-07 イースト・ベンガル Iリーグ 14 1
2007-08 マヒンドラ 8 1
2008-09 19 16 1
2009-10 プネー 8 26 10 3 3 29 13
2010-11 24 6
2011-12 21 3
2012-13
通算 日本 JFL 25 1 -
シンガポール Sリーグ -
インド
総通算 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 朝日新聞、2008年7月23日付夕刊、P.8
  2. ^ a b 毎日新聞、2007年6月28日付朝刊、山口地方面
  3. ^ a b 毎日新聞、2009年1月8日付夕刊、西部本社版、P.8
  4. ^ Medio Arata now an Indian citizen; Pune FC extend contract | Pune Football Club Official Website
  5. ^ 日本出身のサッカー選手、インド代表に初選出
  6. ^ a b 父の祖国・インド代表に 下関出身のサッカー選手・和泉さん - 山口新聞2013年2月3日

外部リンク[編集]