京成金町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京成金町駅
駅舎(2006年3月)
駅舎(2006年3月)
けいせいかなまち - Keisei-Kanamachi
◄ KS50 柴又 (1.5km)
所在地 東京都葛飾区金町五丁目37-9
駅番号 KS51
所属事業者 京成電鉄
所属路線 金町線
キロ程 2.5km(京成高砂起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
23,437人/日
-2011年-
開業年月日 帝釈人車鉄道→帝釈人車軌道:
 1899年明治32年)12月17日
京成電気軌道→京成電鉄:
 1913年大正2年)10月21日
乗換 東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線各駅停車金町駅
プラットホーム(2006年3月)

京成金町駅(けいせいかなまちえき)は東京都葛飾区金町五丁目にある京成電鉄金町線終着駅番号KS51

旅客向け案内では「京成」を省略して金町とされる。

JR金町駅とは道路を隔ててすぐのところにあり、同じ構内ではないが、乗り換えが可能である。また両駅は定期乗車券の連絡駅として連絡定期乗車券を買うことができる。[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホーム長は4両編成分であるが、狭小な敷地でホーム有効長を確保している関係でホーム・線路とも僅かにカーブする構造になっており、これ以上ホームを延長するための用地がない。また京成金町線は全線が単線区間[2]であるため、折り返し運転のみとなる。 駅舎にはテナントとしてコンビニエンスストア等が入居している。

のりば[編集]

1 金町線 高砂方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は23,437人で[3]、京成線内69駅中第17位である。

駅構内のポスター等の広告掲載料金において本線押上線以外の駅では唯一「特級駅」にランクされている[4]。 近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 京成電鉄 出典
1990年 18,523 [5]
1991年 15,839 [6]
1992年 18,381 [7]
1993年 17,839 [8]
1994年 17,384 [9]
1995年 16,926 [10]
1996年 16,512 [11]
1997年 15,674 [12]
1998年 14,803 [13]
1999年 14,402 [14]
2000年 14,036 [15]
2001年 13,715 [16]
2002年 13,192 [17]
2003年 13,025 [18]
2004年 12,808 [19]
2005年 12,644 [20]
2006年 12,340 [21]
2007年 12,260 [22]
2008年 12,318 [23]
2009年 12,378 [24]

駅周辺[編集]

広場向かいにあるJR金町駅南口(2006年3月)

バス路線[編集]

歴史[編集]

金町線の前身である帝釈人車軌道の金町駅は1899年明治32年)12月17日に開業している。

隣の駅[編集]

京成電鉄
金町線
柴又駅 (KS50) - 京成金町駅 (KS51)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]