ヴィードゥビチ修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キエフの植物園から見たヴィードゥビチ修道院

ヴィードゥビチ修道院ウクライナ語: Видубицький монастир)は、ウクライナ首都キエフにある正教会の男子修道院11世紀後半に建立された。ウクライナ正教会・キエフ総主教庁に属している。キエフの名所の一つ。正式名は聖ミハイール・ヴィードゥビチ修道院。

概要[編集]

ヴィードゥビチ修道院は、1070年代にキエフの郊外ヴィードゥビチにおいてキエフ大公ヤロスラーウ賢公の子ヴセヴォロドが創立した修道院である。当初は大公離宮と木製の教会があったが、以後に石造りのミハイール聖堂が建立された[1]

12世紀以降、ヴィードゥビチ修道院はルーシの歴史を編纂する重要な施設であった。ここでは修道院長スィリヴェーストルの下で『ルーシ年代記』と『キエフ年代記』の編集が行われた。修道院はルーシの大公の保護を受けながら、ズヴィリネツィリービジナヴォドナオソコルキードニプロ川の渡し場などを庄園を所有しており、ルーシにおける最も裕福な修道院であった[1]

1240年にヴィードゥビチ修道院はモンゴル帝国軍勢による打撃を受けたものの、存続した。17世紀初頭にウクライナ・カトリック教会の修道院となったが、1637年に正教会のキエフ府主教ペトロー・モヒーラに返還された。モヒーラはミハイール聖堂を修復し、修道院をキエフのソフィア大聖堂に所属させた[1]

17世紀後半にヴィードゥビチ修道院はウクライナ・コサックの一族ミクラシェーウシキー家支援によって再興された。現存する修道院の伽藍は17世紀末期から18世紀初頭にかけて形成されたコサック好みのウクライナ・バロック様式の伽藍である[1]

1786年ロシア帝国コサック国家を併合すると、ロシア政府の命によりヴィードゥビチ修道院の私有地が没収され、修道院は第三級の修道院として位置づけられた。その後、19世紀に第二級の修道院、20世紀初頭に第一級の修道院となった。ロシア革命の直前にヴィードゥビチ修道院では宗教施設のほかに、病院孤児院などがあった[1]

1921年にヴィードゥビチ修道院は共産系政権によって廃止され、1932年に部分的に破壊された。1945年ウクライナ社会主義共和国学士院キエフ植物園に委託された[1]

1967年から1982年にかけてヴィードゥビチ修道院では大規模の修復が行われた。ウクライナ独立後に修道院はウクライナ正教会・キエフ総主教庁の修道院となった[1]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「ヴィードゥビチ修道院」『キエフ大辞典』

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Кілессо Т. С. Видубицький монастир. — Київ: Техніка, 1999.
  • (ウクライナ語) Вечерський В. В. Українські монастирі. — Київ: Наш час, 2008.

外部リンク[編集]

座標: 北緯50度25分00秒 東経30度34分05秒 / 北緯50.41667度 東経30.56806度 / 50.41667; 30.56806