ワシントン合意 (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワシントン合意(ワシントンごうい、ボスニア語クロアチア語:Washingtonski sporazum英語:Washington Agreement)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1994年3月1日ボスニア・ヘルツェゴビナ政府と、同国のクロアチア人勢力・ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国、およびクロアチア共和国との間で交わされた和平協定[1][2]アメリカ合衆国ワシントンD.C.にて交わされた。

ボスニア・ヘルツェゴビナ政府の首相ハリス・シライジッチHaris Silajdžić)、クロアチア共和国政府の外相マテ・グラニッチMate Granić)、そしてボスニア・ヘルツェゴビナ国内で事実上独立していたヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国の大統領クレシミル・ズバクKrešimir Zubak)によって調印された[2]。合意では、ボスニア・ヘルツェゴビナの領土のうち、ボシュニャク人主導のボスニア・ヘルツェゴビナ政府と、クロアチア人勢力の統制下にある地域に、地方分権的な10の県を設置し、10の県からなるボスニア・ヘルツェゴビナ連邦を創設するとされた。県の区分けは、一方の民族が他方に対して支配的とならないように選ばれた[2]


脚注[編集]

  1. ^ 佐原徹哉 (2008年3月20日). ボスニア内戦 グローバリゼーションとカオスの民族化. 日本、東京: 有志舎. ISBN 978-4-903426-12-9. 
  2. ^ a b c Washington Agreement: Bosnia and Herzegovina: Peace Agreements: Library and Links: U.S. Institute of Peace” ((英語)). United States Institute of Peace (2000年2月14日). 2008年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

  • デイトン合意 - 1995年12月14日、セルビア人勢力も含めたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の最終和平合意

外部リンク[編集]

米国平和研究所: ワシントン合意