ワイルドブルーヨコハマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ワイルドブルーヨコハマ
WILD BLUE YOKOHAMA
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ワイブル
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:230-0031
横浜市鶴見区平安町二丁目28番地2
北緯35度30分28.1秒東経139度41分39.3秒座標: 北緯35度30分28.1秒 東経139度41分39.3秒
設立 1992年(平成4年)6月13日
業種 サービス業
事業内容 娯楽施設、スポーツ施設経営並びに管理運営
代表者 森 洋一(代表取締役社長
資本金 3000万円
売上高 14億57百万円(2000年度)
主要株主 日本鋼管(NKK)100%
外部リンク http://www.dkers.com/wb/wby/
特記事項:敷地面積30,647.75
テンプレートを表示

ワイルドブルーヨコハマ(Wild Blue Yokohama)は、かつて神奈川県横浜市鶴見区にあった、年間を通して営業する大型屋内温水プール施設(テーマパーク)である。

主な出来事[編集]

概要[編集]

東京に近いため、女性アイドルグラビアファッション雑誌イメージビデオバラエティ番組などの撮影に重宝された。施設のコンセプトは、一年中常夏の国が体験できる事が打ち出されていた。入場者数はピークでも年間80万程度に留まり、目標の100万人に達するに至らなかった。

2012年現在、跡地は『ヨコハマアイランドガーデン』というマンションとなっている。

日本鋼管が同プール施設をモデルルームの様な位置付けとして、同様のプール施設システムを世界へ売り出す構想を抱いていた。北海道十勝地方にて経営が低迷していたテーマパーク・グリュック王国の経営建て直しの目玉施設として導入される構想もあったが、同グリュック王国での計画も含め最終的には叶わなかった。常に水温を一定に保つシステムが導入されていた。夏休みを中心に川崎駅鶴見駅から最寄りの平安高校前(現在の鶴見総合高校前)バス停まで臨時急行バスが運行されたことがあり、川崎発は川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所、鶴見発は横浜市営バス鶴見営業所が担当していた。気温と客足は反比例し、猛暑の夏は「外」の海に客を取られる。閉園になったとはいえ、夏はかなり混んでいた。スライダーは5本あるにもかかわらず30分待ちになった。

営業時間[編集]

  • 7/1~7/19 平日10:00~20:00、土日祝10:00~21:00
  • 7/20~8/31 9:00~22:00
  • それ以外 平日10:00~18:00、土日祝10:00~20:00

料金[編集]

  • ワンデイ(7/1-8/31) 大人3900円/中人(中・高生)3100円/小人(4才~小学生)2600円/幼児(2-3才)500円
  • サンセット(7/1-7/19は16時より、7/20-8/31は17時より) 大人2900円/中人2300円/小人1900円/幼児500円
  • ワンデイ(夏以外) 大人2900円/中人2300円/小人1900円/幼児500円

施設内容[編集]

フロント

入室する際には、バーコードの入ったリストバンドを渡された。お金を持たず、リストバンドで園内での買い物が出来、退出時に料金清算をおこなうシステムを利用していた。

ビーチ

浜辺をイメージした波打ち際に直接腰かけ、各種売店で購入した飲食物をそこで食べたり休憩を取るのだが、持ち込みのシートが認められていたこともあり場所確保に難があった。また、有料ではあるが備え付けのリクライニングベンチを利用することも可能(リクライニングシートはオープン当初は無料)。

メインプール BIG BAY(波のプール)

プールは浜辺から海辺をイメージして設計されており、奥へ進むほど水深が深くなる構造であった。遊泳に関しては一定範囲のみ認められており、それより奥はボディボード等を利用する際に使用された。奥から浜辺側に造られた波が押し出され、時折大波を起こすイベントが設定されていた。他にも脇から綱を使って振り子のように飛ぶワイルドジャンプと呼ばれる遊戯が提供されているなど、利用者にとって一番利用度の高いプールであった。メインプールは深さがあったため、スキューバダイビングの練習にも利用された。また、ボディボードに乗りやすい波が立ちボディーボードブームの火付け役となった。[要出典]

流れるプール

メインプールの吹き抜けの二階に施設を一周するプールがあり一周15分、深さ90センチほどであった。夜になると、波にながされながら、抱き合うカップルが目立った。

屋外プール

夏季のみの営業であった。ホテルに付属のプールのような真四角のものであった。

ウォータースライダー

赤・青・黄・白の緩やかさの違う4本のパイプを用いたボディスライダーと、チューブに乗って1本の河を下るチューブスライダーが提供されていた。

日焼けマシーン

末期には日焼けマシーンが有料にて数台設置されていた。

ジャグジー

数十人が入れるジャグジーがあった

ロビー

ロビーは非常におしゃれな作りで、通常のプールの更衣室の待合室とは違い、薄暗く「WILDBLUE」を象った水槽があり、その中には、きれいに照明をあて、泡が広がるモニュメントがあった。

音響設備

テーマパークとしては、重低音など高音質を重視した音響設備があった。

バッティングセンター

閉鎖される5~6年前からは、前庭にバッティングセンターが設置されていた。

テレビCM[編集]

テレビCMでは、タコのCMが話題となった。

イベント[編集]

  • ニューイヤーカウントダウンイベントとして、24時間の営業がおこなわれ、プールでカウントダウンをおこなった。
  • 泡を降らせるイベントがあり、大手クラブハウスと協賛して、水着で踊るなどクラブハウス化していた日があった。

出来事[編集]

  • オープンした後、夏以外の客が極端に少なかった為、すぐに閉鎖との情報が流れたが、1995年頃ボディーボードブームで、女子高校生などの入場者が増えた時期があった。
  • 閉鎖が決定した際に、市民の要望が多かったことから横浜市が市民プールとして買い取ることや第三セクターとして営業するための交渉を行ったが失敗に終わった。

設計会社[編集]

ららぽーとスキードームザウスを設計した株式会社空間設計が担当した。

キャンペーンガール[編集]

最末期の2001年には「Miss JABAN!」と呼ばれるキャンペーンガールユニットが存在していた。読み方は「ミス・ジャバーン」で、“ミス・ジャパン”と、波の音である“ジャバーン”を掛け合わせたもの。メンバーは、細野由華小谷美裕才谷ゆきこ佐藤ゆりなの4名。

類似施設[編集]

東京サマーランドや常磐ハワイアンセンターなどの老舗がある一方、1992年以降はワイルドブルーヨコハマを明らかに意識している施設もたくさん登場した。

外部リンク[編集]