ロバート・ウォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ウォードRobert Ward1917年9月13日 - 2013年4月2日)は、アメリカ合衆国作曲家

オハイオ州クリーブランド出身。ロチェスターイーストマン音楽学校に入学し、バーナード・ロジャースハワード・ハンソンエドワード・ロイスについて学んだ。1939年から1942年までニューヨークジュリアード音楽院で、作曲フレデリック・ジャコビに、管弦楽法ベルナルト・ワーヘナールに、指揮アルバート・ステッセルエドガー・シェンクマンに師事した。1941年にはマサチューセッツ州バークシャー・ミュージックセンターアーロン・コープランドのもとで勉強している。同年に、交響曲第1番を完成させ、ジュリアード出版賞を受賞した。

第二次世界大戦中は陸軍に入隊し、軍楽隊の指揮者となった。退役後はジュリアード音楽院に戻り、1946年に大学院を卒業した後、そこで1956年まで教職についた。1947年、交響曲第2番を作曲し、ユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団に取り上げられ、カーネギー・ホールなど各地で演奏された。1950年に交響曲第3番を、1958年に交響曲第4番を作曲し、1961年にはオペラ『るつぼ』でピューリッツァー賞を受賞した。

1967年から1975年までウィンストン・セーラムノースカロライナ芸術学校の校長を務め、1978年からデューク大学の客員教授に迎えられた。

1987年に引退した後も、ノースカロライナ州ダーラムに居住し、作曲を続けた。

ニューグローヴ世界音楽大辞典にはウォードの作風について「大部分はヒンデミットによっているが、ガーシュウィンからの影響も大きい」とある。

文献[編集]

  • Musicians' Union national directory of members 2001. Second edition, London: Musicians's Union, 2001, 637 p.
  • Joseph Daniel Huband: Robert Ward's Instrumental Music, American Music, 13-3, 1995, p. 333-356
  • Wolfgang Suppan, Armin Suppan: Das Neue Lexikon des Blasmusikwesens, 4. Auflage, Freiburg-Tiengen, Blasmusikverlag Schulz GmbH, 1994, ISBN 3-923058-07-1
  • Paul E. Bierley, William H. Rehrig: The heritage encyclopedia of band music : composers and their music, Westerville, Ohio: Integrity Press, 1991, ISBN 0-918048-08-7
  • Kenneth Kreitner: Robert Ward: A Bio-Bibliography. New York: Greenwood Press, 1988. 182 p., ISBN 978-0-313-25701-8
  • Charles Patrick Woliver: Robert Ward's "The crucible" - A critical commentary, Cincinnati. 1986.
  • Norman E. Smith: Band music notes, Revised edition, San Diego, California: Niel A. Kjos, Jr., 1979. ISBN 978-0849754012
  • Composers of the Americas - Biographical data and catalog of their works, Volume 9, Washington, D.C.: Secretaria General, organizacion de los Estados Americanos, 1963