ロッテ・ヤコビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロッテ・ヤコビLotte Jacobi; 1896年8月17日 トルン - 1990年5月6日 ニューハンプシャー州コンコード Concord)は、主として戦間期に活躍した女性写真家。「ロッテ・ジャコビ」と表記されることもある。

プロイセン(現ポーランド)に生まれる。ベルリンで教育を受けた後、家族のビジネスであった写真業界に入り、1920年代半ばから写真家として活動。4本の映画も制作している。1932年から1933年にかけて、ソ連、特にタジキスタンウズベキスタンを旅し、写真撮る。1933年にベルリンに戻ると、ヒトラーがその力を強めてきており、ユダヤ人であったために迫害を逃れて1935年アメリカに移り、マンハッタンにスタジオを構えるようになった。

ポートレイトを得意とし、アルベルト・アインシュタイントーマス・マンマルク・シャガールエレノア・ルーズヴェルトアルフレッド・スティーグリッツJ・D・サリンジャーポール・ロブスンメイ・サートンベレニス・アボットエドワード・スタイケンなどを撮影している。

彼女の作品は、同時代のヨーロッパ・モダニズムの影響を強く受けたものが多い。例えば、ポートレイトにおいても、単なるポートレイトにとどまらず、コントラストをとりわけ強調したような斬新な作風を見せた。

光源を直接用いてその光跡を印画紙に記録する、抽象的な写真作品(photogenics と本人は名づけた)も残している(1940年代後半)。

関連項目[編集]