ベレニス・アボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベレニス・アボット

ベレニス・アボット: Berenice Abbott1898年7月17日 - 1991年12月9日)は、アメリカ合衆国の女性写真家オハイオ州スプリングフィールドに生まれ、メイン州モンソンMonson, Maine)にて死去した。

1920年代に渡欧し当初は彫刻を学んでいたが、マン・レイのスタジオに入り写真をはじめた。その後、1920年代末にはニューヨークに戻り、1939年まで連邦美術計画「変わりゆくニューヨーク」に写真家として参画。このプロジェクトに際して撮影されたものを含め、1930年代を中心としたマンハッタンの写真(都市を記録した写真)が有名で、変貌していくニューヨークを何の技巧的脚色も加えずに淡々と撮影したストレートフォトグラフィである。

1925年に、フランスの写真家、ウジェーヌ・アジェと出会った。アジェが死ぬと間もなく彼の作品をまとめて手に入れ、散逸から救い、最終的にはニューヨーク近代美術館に購入させることに成功した。

日本語の主要参考文献[編集]

「ベレニス・アボットの世界」展図録(2冊組)/東京都写真美術館/1990年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]