ロシア語キーボード配列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロシア語キーボード配列(ロシアごキーボードはいれつ)は、パソコンおよびタイプライターでのロシア語入力のキーボード配列。文字の並び順にちなんで、ЙЦУКЕН配列またはJCUKEN配列とも呼ばれる。

キーボード配列[編集]

ロシア語キーボード配列コンピューター Русская
ロシア語キーボード配列タイプライター Русская (машинопись)


コンピューターの配列とタイプライターの配列は、ロシア文字においてはЁ ë 以外では共通している。

また、タイプライターの配列をコンピューターに使用することも可能である。

ラテン文字のキー配列[編集]

ソビエト連邦時代に作られたコンピューターでは、ラテン文字もJCUKEN配列となっており、キリル文字の発音に概ね対応したキー配列となっていた。

現在のロシア語キーボードは、キリル文字はЙЦУКЕН配列でラテン文字はQWERTY配列という形が一般的であり、実際の発音とはまったく一致しない配列となっている。

20世紀初頭のタイプライター配列[編集]

1907年頃のロシア語タイプライター ЙІУКЕН Пишущая машинка

ロシア革命直後に1918年にロシア文字改革があり、I i とヤチѢ)という名の文字が削られた。その浸透以前のタイプライターの配置、それ以降のと違っていた。

  • I i が、Ц ц のところ、QWERTY配列では W w のところにあった。
  • ヤチ(Ѣ)という文字が、C c のところにあった。
  • С с М м И и Т т ь Б б Ю ю が、現在の配列より、ひとつ右のところに位置していた。
  • Ц ц が、QWERTY配列で 0 のところにあり、Э э は QWERTY配列で0の隣の - のところにあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]