QWERTZ配列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンピュータ用のQWERTZキーボード

QWERTZ配列クウォーツはいれつ、クワーツはいれつ、クウェルツはいれつ、クヴェルツはいれつ)は、中央ヨーロッパ東ヨーロッパで広く使われているコンピュータタイプライター用のキー配列である。名前は、キーボードの左上の6文字がQ,W,E,R,T,Zの並び順であることに由来している。

QWERTY配列とはZとYが入れ代わっている。これは、ドイツ語ではZがYよりもはるかに多用され(Yは外来語を表記するのに使われる程度である)、TとZはドイツ語では隣あって現れることが多いためである。キーボードの一部にはä,ö,üといったドイツ語表記のためのウムラウトが含まれている。記号は英語用のキーボードとは異なった場所に配置されており、CtrlキーはStrgキーとなっている(StrgはSteuerungの略であり、キーの意味は同じであるが、Stringの意味であると誤解されることもある)。


古いスイスのタイプライタで使われているQWERTZキーボード

QWERTZに基づいたキーボードは、スイス[1]や、ラテンアルファベットを使う東ヨーロッパ北東ヨーロッパの多くの国々で使われているが、バルト三国では使われていない。QWERTZから派生したキーボードはポーランドで使用されていたが、1990年代の初めからは、QWERTY配列が優勢となっている。ドイツで使われるQWERTZキーボードだけがStrgキーを持っており、スイスで使われるキーボードではCtrlと表記されている。

QWERTZキーボードは、非公式にkezboardというニックネームで呼ばれることがある。これは、QWERTYキーボードのつもりでkeyboardと入力すると、QWERTZキーボードでは、kezboardと表示されるためである。QWERTZキーボードのつもりでQWERTYキーボードに入力しても同じである。

脚注[編集]

  1. ^ Swiss Norm, former VSM norm, SN 074021

関連項目[編集]