レティナディスプレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レティナディスプレイ英語:Retina Display)は、アップル社製製品のうち、高精細ディスプレイを搭載したモデルに与えられる名称、およびディスプレイそのものを指す名称である。「Retina」は英語で「網膜」という意味で、画素が細かく人間の目で識別できる限界を超えている、ということから命名された。

画素[編集]

レティナディスプレイは、前のディスプレイと比べ、画面解像度コントラストが4倍ほどに達し、もっと鮮やかで深い色になる。

搭載モデル[編集]

iPhone[編集]

2010年6月に発売されたiPhone 4が、アップル製品として初めてレティナディスプレイ搭載を名乗る製品となった。それ以降に発売された全モデルに搭載されている。解像度は全て326dpiである。

iPad[編集]

iPadシリーズについては、2012年3月に発売された第3世代iPadとそれ以降のモデルに搭載されている。 また、iPad mini シリーズは第2世代iPad miniとそれ以降のモデルに搭載されている。

Mac[編集]

Macintoshでは、2012年6月発売のMacBook Proより対応モデルが登場している。通常のディスプレイを搭載した MacBook Pro も併売されているが、その規模は徐々に縮小されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]