リヴィング・エンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィング・エンド
The Living End
リヴィング・エンド 2007年8月21日、ロンドンのレコーディング・スタジオ「エレクトリック・バルルーム(en)」にて: 左から: クリス・チェニー(en)、スコット・オーウェン( en)、アンディ・ストラッカン( en)}
リヴィング・エンド 2007年8月21日ロンドンレコーディング・スタジオ「エレクトリック・バルルーム(en)」にて: 左から: クリス・チェニーen)、スコット・オーウェンen)、アンディ・ストラッカンen
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア ビクトリア州メルボルン
ジャンル ロック
パンク・ロック
ロカビリー
活動期間 1994年 -
事務所 アップル・コープス
共同作業者 ジョージ・マーティン
ブレンダン・オブライエン
公式サイト www.emimusic.jp/beatles/
メンバー
クリス・チェニーボーカルギター
スコット・オーウェンベース・ボーカル)
アンディ・ストラッカンドラム

エルビス・プレスリーチャック・ベリーなど

リヴィング・エンド (The Living End) はオーストラリアビクトリア州メルボルン1994年に結成されたバンドである。クリス・チェニーボーカルギター)、スコット・オーウェンベース・ボーカル)、アンディ・ストラッカンドラム)の3人から成り、1990年代の後半にダブルA面シングルSecond Solution/Prisoner of Society」で知名度を得た。

2006年現在までにオーストラリアで5枚のアルバムと1枚のシングル集をリリースしている。また、アメリカヨーロッパでの成功も獲得しており、バンドは毎年ジャック・アワードJack Awards)に選出されている他、アワード最優秀ドラマー、最優秀男性パフォーマー、テレビライブ出演最優秀バンドなど多数の受賞歴がある。

音楽スタイルと影響[編集]

クリス・チェニーは1950年代のロックン・ロールを愛しており、バンドの初期の音楽性にも多大な影響を与えている[1]。彼ら自身は1980年代のオーストラリアのロックがバンドに重大な影響を与えていると見なしているし、メンバーの成長に関して何に感謝するかと言えばそれを挙げている。

スコット・オーウェンは1980年代のネオ・ロカビリーバンドであるストレイ・キャッツにダブル・ベースやラブソングの影響を受けている。他のロカビリーへの影響としてレブレンド・ホートン・ハートen)やエディ・コクランがある[2]

リヴィング・エンドは自らをパンク・イデオロギーen)のロックン・ロールバンドと考えており、同じ傾向を持つバンドとしてイギー・ポップザ・フーザ・ジャムを挙げている他、周囲に社会的な論評を広げることを目的としている[3]。また、1990年代のパンク・リバイバリストであるランシドに好意的である[4]。しかし、彼ら自身は自らがパンク・バンドであるとは考えていない[5]

他のバンドで、例えばSum 41のギタリストであるデリック・ウィブリーなどは「彼らは本当に良いミュージシャンであり、リヴィング・エンドと共に旅することが出来るなら嬉しい」と述べている[6]

コラボレーション[編集]

リヴィング・エンドは多くのミュージシャンやアーティストと活動を共にしている。
  • 1998年 - ちょうど人気が出てきた時期、「Tour Of Duty」で「Peace Keepers」の一員としてPNGで活動した。最初のコンサートはオーストラリア人バンドの一員として出演し、「ジングルベル・ロック」をカイリー・ミノーグと演奏した。
ドイツのバンドであるディ・トーテン・ホーゼンen)のクリスマス・ツアーのサポートとしてスレイドのカバー曲「Merry Christmas」を1998年12月28日にドイツのデュッセルドルフで演奏した。この2つのバンドは1998年の「Warped Tour」のときにオーストラリア、ニュージーランド日本、およびハワイを巡業した。
アシュトン及びガードナーとダイク(en)のデュエット・アルバム「Resurrection Shuffle」にジミー・バーンズen)の「Double Happiness」を収録。
オーストラリアのカントリー・ウェスタンアーティストであるケーシー・チェンバースen)のアルバム「Barricades & Brickwalls」内の曲「Crossfire」にバックミュージック及びバックボーカルとして演奏参加。

メンバー[編集]

  • クリス・チェニー(ボーカル・ギター)
  • スコット・オーウェン(ベース・ボーカル)
  • アンディ・ストラッカン(ドラム)

アルバム[編集]

  • 1998年 - 1st「ザ・リヴィング・エンド」The Living End[7]
  • 2000年 - 2nd「ロール・オン」Roll On[8]
  • 2003年 - 3rd「モダーン・アーティラリー」Modern ARTillery[9]
  • 2004年 - ベスト「フロム・ヒア・オン・イン:ザ・シングルズ 1997-2004」From Here On In: The Singles 1997-2004[10]
  • 2006年 - 4th「ステート・オブ・エマージェンシー」State Of Emergency[11]
  • 2008年 - 5th「ホワイト・ノイズ」White Noise[12]

脚注[編集]

外部リンク[編集]