リブート (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リブートReBoot)はカナダコンピュータアニメ。ジャンルはアクション・アドベンチャー。カナダ本国では1994年から2001年まで放送された。

制作はバンクーバーを拠点にしたメインフレーム・エンタテインメント(現・レインメーカー・アニメーション)と、ギャビン・ブレア、イアン・ピアソン、フィル・ミッチェルとジョン・グレース。視覚デザインは イアン・ギブソンが担当していたが、すぐにブレンダン・マッカーシーに変わった。日本ではフジテレビで放送された後、カートゥーン ネットワークで新たに吹き替え版を制作して放送された。

登場人物[編集]

声優は原語版/フジテレビ版、カートゥーン ネットワーク版の順

ボブ
声 - マイケル・ベンイアー→イアン・ジェームズ・コーレット/松本保典/石田彰
本作の初代主人公。スーパーコンピューターからメインフレームにやって来たガーディアン#452。割と冒険心旺盛な性格。後にメガバイトの罠によりメインフレームを追放される。
ドット・マトリックス
声 - キャサリン・バー/佐々木優子/安藤麻吹
メインフレームのCOMMAND.COMで、ダイナーを運営している。他にも様々なビジネスを手掛けており、成功を収めている。理知的でしっかり者の女性だが、口うるさい面も目立つ。ボブとは時に衝突しながらも名コンビぶりを発揮する。
エンゾ
声 - ジェシー・モス→マシュー・シンクレア→クリストファー・グレイ→ジャコモ・ベサー→ポール・ドブソン/高乃麗/戸田亜紀子
ドットの弟。ボブに憧れており、将来はボブのようになるのが夢。よくゲームの中に入りたがっており、ボブやドットを悩ませている。後にボブに認められてガーディアン見習いとなり、ボブがメインフレームを追放されて以降は成長した彼が2代目主人公となる。
フリスケット
エンゾと仲が良い形スプライトで、飼われてはおらず野良。いざという時は活躍する。
フォン
声 - マイケル・ドノヴァン/辻村真人/清水敏孝
メインフレームのシステム管理者を務める老人。高齢に違わぬ豊富な知識を持ち、スプライトたちからアドバイスを求められることがしばしば。普段はプリンシプルオフィスで務めている。その一方、どこかコミカルな一面を見せる。
アンドレア
声 - アンドレア・リブマン→シャーリー・ミルナー
エンゾが海底ゲームの中で出会った人工知能型ゲームスプライトの少女。自身のデータをエンゾに託し、ゲームの外に出てメインフレームの住人となる。エンゾと共にゲームの中で戦うことも。ボブがメインフレームを追放されて以降は成長した姿を見せている。
マウス
声 - ルイーズ・ヴァランス/岡本嘉子/斎藤恵理
ネットの世界からやって来たフリーランスの女性ハッカーで、ボブの旧友。日本刀のような武器を使用し、ハッキングやデータ改造を得意とする。当初はメガバイトに雇われていたが、再登場後はメインフレームの住人となった。当初ドットとは険悪だったが、途中で友情が芽生える。
マイク・ザ・TV
声 - マイケル・ドノヴァン/大森章督/中村俊洋
テレビのような姿のアナウンサーで、モニターに様々な番組を映し出すことが可能。いつもスクープを求めて駆け回っており、何かに出くわすと実況中継を開始する。おしゃべりで騒々しい性格から、ボブやエンゾからは相当うっとうしがられている。
サイラス
声 - ゲイリー・チョーク/村松康雄
セシル
声 - マイケル・ドノヴァン/長島雄一
ドットの店のウェイターで、小さなテレビのような姿をしている。紳士的な口調で喋り、力仕事や雑用を嫌う。
アル
声 - マイケル・ドノヴァン
料理店の主人。常に厨房におり姿を見せない。いつも「何だ~!?」しか言わない。
アルの店のウェイター
声 - ゲイリー・チョーク
その名の通りアルの店のウェイター。姿を見せないアルに代わって接客などを担当する。やる気がなさそうな印象で、時々アルに意見を求めることも。アルの言いたいことは大体分かるらしい。
ピアソン/タロン
声 - ロン・ジョン・バルドリー/峰恵研
ゴミ捨て場で働いているバイノームの老人で、かなり気難しい性格。元はコードマスターのタロン。

メガバイト関連[編集]

メガバイト
声 - トニー・ジェイ/大塚芳忠/中庸助
コンピュータウイルス。この番組の登場人物の大きな敵で"オルダー・ウイルス"とされている。力と権力を求めており、メインフレームの征服とスーパーコンピューターへの道を見つけることが目的。システムを汚染し、乗っ取る能力を持つ。かなりの切れ者で、様々な作戦を立てて目的を実行するが、毎回ボブたちに邪魔されている。その一方、エンゾの誕生パーティーに巨大な自身の愛車で乱入し、ボブとギターの演奏で対決した後、自身のギターをエンゾにプレゼントするといったお茶目な一面も見せる。
ヘキサデシマル
声 - シャーリー・ミルナー/横尾まり
メガバイトの双子の妹。ロストアングルスに巣食っており、兄とは対極的に"カオス・ウイルス"とされている。権力には興味がなく、周囲に混乱を撒き散らすことを最高の喜びとする。そのため、メガバイトたちをも巻き込んで騒動を起こすことも。ヌルを操る能力を持つ。ボブに興味を持っている節がある。
ハック
声 - フィル・ヘイズ→スコット・マクニール/小形満/阪口周平
メガバイトの部下。体色が赤く声が高い。いつもスラッシュと行動している。戦闘力は高いが頭はさほど良くなく、スラッシュと共にメガバイトの作戦を台無しにしてしまうこともしばしば。しかし、スラッシュ共々メガバイトのことは信頼している節があり、スラッシュとも仲がいい。
スラッシュ
声 - ゲイリー・チョーク/星野充昭/小野塚貴志
メガバイトの部下。体色が青く声が低い。いつもハックと行動している。戦闘力と性格はほぼハックと同じ。
ニブルス
メガバイトのペットであるヌル。ハックとスラッシュが世話を任されている。メガバイトには一度「親父殿」と言われた事があるが、その真相は不明。
スカジー
ヘキサデシマルのペットであるヌル。獣のような動きをし、人語は喋らない。自身が見た画像を頭上に映し出すことができる。

用語[編集]

メインフレーム
本作の舞台となる円形の都市。とあるコンピューターの中に存在し、六つのセクター(地域)に分けられている。
コードマスター
ヌル
ナメクジのような生物。エネルギーを主食とするこの存在は、ユーザーとのゲームに負けたスプライトのなれの果てである。
ゲーム
このコンピュータのユーザーがダウンロードして遊ぶもの。このゲームがダウンロードされる際、空から降ってくる演出がとられる。その場にいたスプライトはゲームに取り込まれ、ユーザーに負けるとヌルとなり、落ちた地点はオフライン(廃墟)と化する。それを防ぐために、スプライトたちはガーディアンを結成している。
スプライト
ゲームやコンピュータの中に住まう人間のような存在。
データスプライト
スプライトの中でも、人間のような姿をした者で、バイノーム以上に複雑な動作が可能となっている。ドットの父の実験によって個体の大半が死滅した。
バイノーム(Binome)
コンピュータの中の1と0を擬人化した、ロボットのような姿をしている存在で、メインフレームの住民の大半を占めている。個体の中には一つ目の者や、白目の色が白以外の者もいる。
ガーディアン
ゲームやウイルスから守るために結成されたスプライトによる組織で、ユーザーの視点から見れば、ワクチンソフトにあたる。
ユーザー
コンピュータの外にいる存在。
リブート
ゲームの中で再起動すること。コンピュータやスプライトがつけているアイコンを2回たたいてリブートと叫ぶと、ゲームの中のキャラクターに変身できる。ただし、スプライトたちの中にはリブートできないものもいる。

サブタイトル[編集]

順番は日本での放送順に準ずる

  1. スーパーコンピューターの入り口 (The Tearing)
  2. 時間とのレース (Racing the Clock)
  3. ドットを救え! (The Quick and the Fed)
  4. メデューサ・ウィルス (The Medusa Bug)
  5. 二人のいさかい (The Tiff)
  6. フリスケット大暴れ (in the Belly of the Beast)
  7. 真紅の船長バイノーム (The Crimson Binome)
  8. エンゾは天才 (Enzo the Smart)
  9. マイクは仲間 (Wizards,Warriors and a word from our Sponsers)
  10. 乗っ取られた脳 (The Great Brain Robbery)
  11. エンゾの誕生日 (Talent Night)
  12. ドットの反乱軍―前編― (Identify Crisis:Part 1)
  13. ドットの反乱軍―後編― (Identify Crisis:Part 2)
  14. メガバイトの野望 (Infected)
  15. それぞれの掟 (High Code)
  16. 混ざりあうゲーム (When Games Collide)
  17. エネルギー奪還作戦 (Bad Bob)
  18. 芸術家ヘキサデシマル (Painted Windows)
  19. アンドレア (AndrAIa)
  20. ヌルジラ現る (Nullzilla)
  21. ギガバイト (Gigabyte)
  22. 誰も信じるな (Trust No One)
  23. ウェブとの戦い (Web World Wars)
  24. ガーディアンへの道 (Mend and Defend)
  25. がんばれエンゾ (Between a Racoon and a Hard Place)
  26. ファイヤーウォール (Firewall)


受賞歴[編集]

このアニメは1995年から1997年の間にジェミニ賞 Best Animated Program Seriesを受賞。ジェミニ賞においては、1998年には"Best Children's or Youth Program or Series" 部門で、2002年にはMy Two Bobsで"Best Sound - Comedy, Variety, or Performing Arts Program or Series"を、Daemon Risingで"Best Sound - Dramatic Program"をそれぞれ受賞した[1].[2]

また、1996年にはオーロラ賞Award of Excellence とBest Animated Program from the Alliance for Children とテレビジョン部門を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ The Envelope: The Ultimate Awards Site. LA Times.
  2. ^ Hetherington, Janet L. "As Mainframe's technology reaches adolescence, there's a 'ReBoot' Renaissance". Animation Magazine #59. Vol. 11, Issue 8, September 1997.


外部リンク[編集]