ラクシャディープ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクシャディープ諸島の位置
地図

ラクシャディープ諸島(ラクシャディープしょとう、Lakshadweep)は、アラビア海またはインド洋に浮かぶインド連邦直轄領をなす諸島。ラッガディヴ(ラッカディブ)諸島(Laccadive)とも呼ぶ。

面積約28Km²で27のサンゴ礁の島列からなり、広義では南端のミニコイ諸島、北端のアミーンディービ諸島も含め連邦政府直轄領ラクシャディープ諸島を成す。ラクシャーディープ諸島のすぐ南方にはモルディブがある。

27の主な島のうち人が住む島は10島に限られ、住民は南インドマラバール海岸スリランカから移住したイスラム教徒の住民が多い。

人口は60,595人(2001年)。中心地はカバラティ島。

主な経済はコプラの栽培と漁業が中心。美しいサンゴ礁は観光地となっており、マリンスポーツが楽しめる。

外部リンク[編集]