ライプツィヒ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライプツィヒ中央駅

ライプツィヒ中央駅(ライプツィヒちゅうおうえき、Leipzig Hauptbahnhof)は、ドイツライプツィヒにある鉄道駅。床面積は83,460m²で、ヨーロッパ最大の面積を有する。1日で約15万人の利用があり、ライプツィヒ市街だけでなく、ドイツ東部交通の要所でもある。DBステーション&サービスの格付けでは、最も上にあたるカテゴリー1に指定されている。

歴史[編集]

駅構内[編集]

プロメナーデン

プラットホームの形状は櫛形ホーム。構内は1997年に改装され、その際プロメナーデン(Promenaden)と呼ばれる、3階建てのショッピング街が作られた。プロメナーデンは約30,000m²の面積を有し、約140の店舗が存在する。

駅データ[編集]

  • DS 100コード: LL
  • カテゴリー: 1
  • プラットフォーム: 26
  • 1日あたり乗客数: 約15万人
  • 1日あたり列車数: 777

駅周辺[編集]

  • ライプツィヒ大学
  • 聖トーマス教会
  • ニコライ教会 (Nikolaikirche) - 1989年に始まった旧東ドイツの民主化運動「月曜デモ(Montagsdemonstrationen)」の中心地になった。
  • ゲヴァントハウス(Gewandhaus zu Leipzig) - アウグストゥス広場にあり、6638本のパイプを持つパイプオルガンがあるコンサートホール。