ヨアヒム・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王子ヨアヒム、1911年

ヨアヒム・フォン・プロイセン(Joachim von Preußen, 1890年12月17日 - 1920年7月18日)は、プロイセン王国の王族。全名はヨアヒム・フランツ・フンベルトJoachim Franz Humbert)。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の六男。

ヨアヒムは1890年12月17日、ヴィルヘルム2世(当時皇太子)とその妃であったシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フリードリヒ8世の娘アウグステ・ヴィクトリア(1858年 - 1921年)の間に第六子としてベルリンで生まれた。1916年3月11日アンハルトエドゥアルトの娘マリー・アウグステ(1898年 - 1983年)と結婚した。

1916年ダブリンで発生したイースター蜂起の際、指導者の一部はヨアヒムをアイルランド王に迎えることを考えていたが、この蜂起はすぐにイギリスによって鎮圧されたため実現しなかった。

1920年7月17日にヨアヒムはポツダムのヴィラ・リークニッツ(Villa Liegnitz)で拳銃自殺を図った。ただちに病院へ運ばれたものの、翌日ヨアヒムは死去した。自殺の動機については、1918年ドイツ革命で帝政が倒されたショック、夫人との不和(革命の数ヵ月後に離婚を申し立てていた)などが考えられている。

子女[編集]

妻のマリー・アウグステとの間には、以下の一男が生まれていた。