ユーリプテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリプテルス
ユーリプテルス化石
ユーリプテルス化石
地質時代
オルドビス紀中期 - デボン紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: カブトガニ綱 Merostomata
: ウミサソリ目 Eurypterida
: ユーリプテルス科
: ユーリプテルス属 Eurypterus
学名
Eurypterus
  • E. clevelandi
  • E. cestrotus
  • E. remipes
  • E. fischeri
  • E. kokomoensis
  • E. boyli
  •  ?E. abbreviatus
  •  ?E. overathi

ユーリプテルス (Eurypterus) はオルドビス紀中期からデボン紀後期に生息したウミサソリ絶滅した。現在のヨーロッパ北アメリカの海に生息した。学名ギリシア語の「eury- (broad、wide、広い) + pteron (wing、翼)」に由来し、「広い翼(を持つもの)」を意味する。

体長は24cm前後(20-30cm)のものから、最大1mに及ぶものまでいる。大きな頭部に大小一対ずつの眼を持つ。頭節(頭部)の形態は雌雄で異なる事が判明している[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『イラスト図解:謎と不思議の生物史』 60頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]