ユゼフ・エルスネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Józef Elsner.PNG

ユゼフ・クサヴェルィ・エルスネルJózef Ksawery Elsner 1769年6月1日 - 1854年4月18日)はポーランド作曲家音楽教育家。主にフリデリク・ショパンの師として知られる。ドイツ語読みではヨーゼフ・クサーヴァー・エルスナーJoseph Xaver Elsner)。

概要[編集]

シレジアのグロットカウ(現在のオポーレ県グロトクフ)に生まれる。父は家具職人で楽器の製造も請け負っていた。母方の祖父も楽器職人で、リュートヴァイオリンを作っていた。家系はドイツ系だったがポーランド文化とも接触があり、後にワルシャワへ移住した頃にはほぼ完全にポーランド化していた。

ヴロツワフウィーンで音楽を学んだ後、1791年ブルノでヴァイオリニストとなる。1792年にはルヴフの劇場の楽長となり、1799年から1824年までワルシャワ国立劇場にて首席指揮者を務める。彼はまた、Leszek BiałyやKról Łokietekなど史実に取材した愛国的なポーランド語オペラ(全38曲)を史上初めて作曲して同劇場で初演した他、交響曲ミサ曲ポロネーズオラトリオ(Męka Pana Naszego Jezusa Chrystusaなど)、室内楽などを残した。教育家としては1821年ワルシャワ音楽院を設立し、音楽大学の学長となる。

1823年から1829年までショパンに音楽理論と作曲を教え、当時の日記に「ショパン、フリデリク、3年生、驚くべき才能、音楽の天才」と記した。彼はまた、ショパンにポーランド語によるオペラの作曲を勧めている。ショパンは彼の最初のソナタ作品をエルスネルに捧げている。エルスネルはまた、ポーランドの国民歌劇『ハールカ』の作曲者スタニスワフ・モニューシュコの師でもあった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Martina Homma, Nationale Musik und nationale Musikwissenschaft. Der Fall Joseph Elsner, in: Deutsch-polnische Ansichten zur Literatur und Kultur, Wiesbaden 1995, S. 104-116
  • J. Herrmann, Józef Elsner und die polnische Musik, München 1969
  • Paul Preis, Musik- und Theaterleben von Stadt und Kreis Glatz, 1. Teil, S. 18-19
  • Alina Nowak-Romanowicz, Józef Elsner. Monografia, Kraków 1957

外部リンク[編集]