モハメド・チテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハメド・チテ Football pictogram.svg
Mohammed Tchité 2009.jpg
名前
ラテン文字 Mohammed Tchité
基本情報
国籍 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
ブルンジの旗 ブルンジ
ルワンダの旗 ルワンダ
ベルギーの旗 ベルギー
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1984年1月31日(30歳)
出身地 ブルンジの旗 ブジュンブラ
身長 176cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002
2002-2003
2003-2006
2006-2007
2007-2010
2010-2012
2012-
Prince Louis FC
Mukura FC
スタンダール
アンデルレヒト
ラシン
スタンダール
クラブ・ブルッヘ
- (-)
- (-)
58 (21)
33 (21)
88 (24)
52 (23)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

モハメド・チテMohammed Tchité, 1984年1月31日 - )は、ブルンジブジュンブラ出身のサッカー選手。ポジションはFWセカンドトップ)。ジュピラーリーグクラブ・ブルッヘ所属。5つの国籍を保有する。[要出典]

経歴[編集]

渡欧前[編集]

両親はルワンダコンゴ民主共和国(DRコンゴ)出身であるが、モハメドはブルンジの首都ブジュンブラで生まれ育った。地元のASレンジャーズFC(後のドラゴン・スーパー・レンジャーズFC)でサッカーを始め、2001年にPrince Louis FCに移籍すると、ブルンジ・プレミアリーグで優勝してレベレーション・フットボーラー・ザ・イヤーを受賞し、カガメ・インタークラブ・カップでも決勝に進出した。2002年にはルワンダのMukura Victory Sports FCに移籍し、スタンダール・リエージュのスカウトから注目された。

クラブ[編集]

2003年ベルギースタンダール・リエージュに移籍した。3シーズンの間レギュラーとしてプレーし、58試合に出場して21得点を挙げた。2004年夏のプレシーズンにはユヴェントスFCのアジア遠征に参加し、FC東京戦に出場した後にスタンダールに戻った。2005-06シーズンには16得点を挙げ、ゲルミナル・ベールショットトシン・ドスンム(18得点)に次ぐ得点ランキング2位となった。2006年夏にはRSCアンデルレヒトに移籍し、2006-07シーズンのジュピラーリーグを制した。自身はベルギー最優秀選手賞を受賞し[1]、ベルギー・エボニー・シュー(ベルギー最優秀アフリカ人選手賞)も受賞した。

2007年8月31日、移籍市場の最終日にスペインラシン・サンタンデールと契約した[2]。ラシンはバレンシアCFに移籍したニコラ・ジギッチの代役を探していた。移籍金は750万ユーロ(約11億8000万円)であり、アンデルレヒトのクラブ史上最高額となった。11月11日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(1-0)で決勝点を挙げ[3]、2008年2月24日のUDアルメリア戦(1-0)でも決勝点を挙げるなど[4]、2007-08シーズンはチームトップの7得点を挙げた。2008年11月1日、エスタディオ・デ・メスタージャで行われたバレンシアCF戦(4-2)でハットトリックを達成し、バレンシアCFに2008-09シーズン初黒星を付けた[5]。リーグ戦の出場機会ははっきりと減少したが、2008-09シーズンは前シーズンと同数の得点を挙げ、UEFAカップではシャルケ04戦(1-1)で得点した。2009-10シーズン序盤はほとんどの試合で先発出場の機会を与えられながら、前半戦4得点(このうち1点はPK)しかできずに苦しんだ。しかし、2010年4月のRCDエスパニョール戦(3-1)とヘレスCD戦(2-2)では2戦連続で2得点(このうち3点はPKによる得点)し[6][7]、5月16日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で2得点し[8]、リーグ戦での得点数を自己最高の11得点まで伸ばした。

2010年夏にはイングランドウェストブロムウィッチ・アルビオンなどから狙われたが[9]、移籍市場最終日の8月31日、古巣スタンダール・リエージュと契約を結んだ[10]

2012年夏、クラブ・ブルッヘへ完全移籍。

代表[編集]

両親はともに中部アフリカ出身であり、自身もブルンジで生まれ育ったが、2003年のスタンダールへの移籍後にベルギー代表への招集を熱望していることを明らかにし、2008年7月11日には正式にベルギーの市民権を取得した[11]。ベルギー代表のレネ・ヴァンデレイケン監督は2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選にチテを招集したが、国際サッカー連盟(FIFA)が介入してチテがヨーロッパ予選に出場できないとする裁定を下した。この裁定によると、チテは2000年にブルンジ代表としてCECAFAカップに出場しており、さらにU-20ブルンジ代表の試合にも出場している。ルワンダ代表として試合に出場した経験はないが、2002年のMukura Victory Sports FC移籍後にはルワンダ国籍に鞍替えしており、FIFAの規則によると、ルワンダ代表としてプレーする権利はあるものの、ベルギー代表の試合には出場できないということであった[12]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • Mukura Victory Sports FC
ブルンジ・プレミアリーグ : 2002
  • RSCアンデルレヒト
ジュピラーリーグ : 2006-2007

個人[編集]

レベレーション・フットボーラー・ザ・イヤー : 2002
ジュピラーリーグ 最優秀選手賞 : 2006-2007
ジュピラーリーグ 最優秀アフリカ人選手賞 : 2006-2007

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tchité takes Belgian acclaim UEFA.com、2007年5月21日
  2. ^ Racing complete spree with Tchité; UEFA.com, 1 September 2007
  3. ^ Deportivo La Coruña 0-1 Racing Santander ESPN Soccernet、2007年11月11日
  4. ^ Racing Santander 1-0 Almeria ESPN Soccernet、2008年2月24日
  5. ^ Valencia 2-4 Racing Santander ESPN Soccernet、2008年11月1日
  6. ^ Racing Santander 3-1 Espanyol ESPN Soccernet、2010年4月14日
  7. ^ All-square in Xerez ESPN Soccernet、2010年4月18日
  8. ^ Tchite brace saves Racing; ESPN Soccernet、2010年5月16日
  9. ^ West Brom target Racing Santander striker Mohamed Tchite Daily Mail、2010年5月20日
  10. ^ Standard Liege complete Mohammed Tchite swoop Inside Futbol、2010年9月1日
  11. ^ Le diable rouge, Mémé Tchité Burundi Transparence、2009年9月2日 (フランス語)
  12. ^ Meme runs out of options The New Times、2008年9月25日

外部リンク[編集]

先代:
ムバラク・ブスファ
ベルギー最優秀選手
2007
次代:
ミラン・ヨヴァノヴィッチ
先代:
ムバラク・ブスファ
ベルギーリーグ
ベスト・アフリカン・プレーヤー
2007
次代:
マルアン・フェライニ