メガネウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガネウラ
Meganeura.jpg
Meganeura monyi
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約2億9,000万年前
古生代石炭紀末期)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 原トンボ目 Protodonata
: メガネウラ科 Meganeuradae
: メガネウラ属 Meganeura
メガネウラ・モニイ
Meganeura monyi Brongniart, 1893
メガネウラの生態再現模型(フンボルト大学ベルリン付属フンボルト博物館の展示物)

メガネウラ (Meganeura) は、約2億9,000万年前(古生代石炭紀末期)の森に生息していた原始的なトンボ。原蜻蛉目(げん-せいれい-もく。原トンボ目とも称する)に分類される。日本語ではゴキブリトンボともいう。

現在知られている限りで史上最大の昆虫は、本種と同じメガネウラ科に属する近縁種メガネウロプシス・アメリカラ (Meganeuropsis americara) である。同種は史上最大の飛翔節足動物でもある。

学名など[編集]

属名古典ギリシア語: μεγας(megas; メガース)「大きな」とνευρον(neuron; ネウロン)からなる合成語。νευρον とはもともと「」を指した言葉だが、「神経」の意味にも転用され、さらに転用された現代語「ニューロン」とも同系である。ここでは「翅脈」を指しており「巨大な翅脈を持つもの」との命名意図である。中国語では属名を「巨脈属」、二名法(属名+種小名)では「巨脈蜻蜓」と記す。

化石[編集]

1880年、フランス中部のアリエ県コマントリ (Commentry) のステファニアン期の炭層にて、翅の化石が発見された。その後、イギリスを初めとするヨーロッパ各地でメガネウラ科の化石が発見されている。1940年、アメリカ合衆国オクラホマ州でメガネウラ科として最大種ともその一つともされる Meganeuropsis americara が見つかっている。

特徴[編集]

捕食性(肉食性)。本種 Meganeura monyi や上述の近縁種 Meganeuropsis americara翼開長70センチメートル前後(約60センチメートルから最大で約75センチメートル)に達し、これらは現在知られている限りの史上最大の昆虫である。とは言え、メガネウラ科の全てが大きかったわけではなく、翼開長が最小で約12 cmと現生トンボ類と変わらない大きさの種も数多く存在した。これら原蜻蛉目のトンボは、その原始的な翅の構造(翅脈も単純である)から、現生トンボ類に見られるようなホバリングの能力はなく、翅を時折はばたかせながら滑空していたと考えられる。また、翅を閉じて止まることができないなど、他にも原始的な特徴を持っている。体つきなどはトンボというよりカワゲラに似ていて。

本種「メガネウラ属」は石炭紀の末期を生きた。メガネウラ科はペルム紀初期を最後にそれ以降発見されない。しかし、原蜻蛉目は中生代三畳紀まで存続しており、ジュラ紀初期まで命脈を保っていた可能性もあると考えられている。

石炭紀という時代にメガネウラやアースロプレウラを初めとする巨大な陸生節足動物(昆虫を含む)が数多く進化した理由として、シダ植物群の大繁殖によって当時の大気中の酸素濃度が約35%と高かったためとする説や、これらの節足動物を餌とする活発な捕食性脊椎動物がまだ少なかったからとする説、また現在と違って地球全体の平均気温がはるかに高かったためとする説などが唱えられている。

近縁種[編集]

メガネウラ科は、模式属であるメガネウラ属と、近縁のメガネウロプシス属からなる。ここに近縁種を記す。

  • メガネウロプシス・アメリカラ Meganeuropsis americara
メガネウラ科中の最大種とされる。そうであれば、昆虫で最大。飛翔性節足動物としても最大。
  • メガネウロプシス・ペルミアナ Meganeuropsis permiana

関連項目[編集]

外部リンク[編集]