メイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J. C. Leyendecker が描いたメイヴ(1911年)。
Knocknarea の丘の遠景。小さく盛り上がっているように見えるのが石塚
Knocknarea の丘の上にあるメーヴ女王の墓。およそ4500年前のもの。メーヴ女王が立った姿勢のまま、顔を敵に向けて埋葬されていると推測されている。

メイヴメーヴメズヴ: Maeve, Medb)は、ケルト神話に登場する、コナハトの女王。

英語では、Maeve または Medb と書き、どちらのつづりでもメイヴ [meɪv] と読む。アイルランド語では Méabh (メーヴ [meːv] )。古期アイルランド語では Medb 、中期アイルランド語では Meḋḃ 、Meaḋḃ など、ゲール語には他にもさまざまな綴り・発音がある。

1976年から発行されていたアイルランドの1ポンド紙幣に肖像が使用されていた。

アルスター伝説[編集]

夫のアリル・マク・マータとどちらの保有する財産が多いかという比べあいを行い、それに端を発したクーリーの牛争いにおいて、コナハト軍を度々苦しめたクー・フーリンを憎み、彼がゲッシュ(禁忌)を破って死ぬきっかけを作る。

スライゴーの町を流れる河の水源はメイヴ女王の聖泉で、この水面は処女、母親、老女の三つの姿を示すともいえるが、メイヴ女王の三つの面(権威、悪、狂気)を示している。また、メイヴ女王の印・三脚巴(トリスケリオン)をしている三相女神(三位一体の女神)の特徴を示すものがある[1]

埋葬[編集]

伝承によると、メーヴ女王は、約40フィート(12m)の高さの石の塚に埋められたといい、それは現在のスライゴ州Knocknareaの丘の頂上にあるものだとされている。

意匠[編集]

メーヴ女王はアイルランドのお札にも描かれている。

後世の伝承[編集]

後世では、妖精の女王マブ(Mab)とされ、シェークスピアも『ロミオとジュリエット』の中で、夜中に馬のたてがみを編みこむ者、とうたっている。

元々は夢魔のような存在とされていたが、タイタニアと混同される事が多かったため、その名が広まった。数多くの夫に、自分の経血を配合した赤い蜂蜜酒を配り、その支配権を分け与えたといわれる。ちなみに、名前の「マブ」は蜂蜜酒の意。

出典[編集]

  1. ^ 『ケルトの神話 女神と英雄と妖精と』(1990年井村君江筑摩書房)第144頁 ISBN 4-480-02392-5

関連項目[編集]