デアドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Deirdre's Lament", drawing by J.H. Bacon, c.1905.

デアドラディアドラ(Deirdre)もしくはデアドリー(Derdriu))はアイルランド神話アルスター伝説群(アルスターサイクル)に登場する悲劇のヒロイン。デアドラはフェリミ・マック・ディル(Fedlimid mac Daill)の娘として生まれ、ドルイドのカスバド(Cathbad)により「素晴らしい美女になるが、(戦士)が彼女の為に争い命を落すことになるだろう」と予言され、「災いと悲しみを招く者」「危険」という意味を持つデアドラと名づけられる[1][2]。その予言を聞き、居合わせた戦士達はデアドラを殺すことを提案するが、アルスター王のコノール・マック・ネッサ(コンホヴァル・マク・ネサ)が彼女を助け、自らが育てて、後に妻にすることを申し出て引き取ることになった[1][2]。デオドラはコノール・マック・ネッサの元で、砦に隔離されて成長する。

年頃になったデアドラは、ウシュナハ族のノイシュ(Naoise)と恋におち、彼の兄弟とともにスコットランドへと逃げ出す。しかし、ノイシュと彼の兄弟は、コノール王の策略により、ファーンマグの王イーガン・マクダルハクトに殺され、この間の戦いにより多くのアルスターの戦士が命を落とした。デアドラはコノール王の元に戻されるが、鬱々として楽しまず日々を過ごした。1年ほど経ったときに、コノール王に嫌いなものを尋ねられたデアドラは、愛するノイシュを死をもたらしたコノール王とイーガンと答える。答えを聞いたコノール王は、自分だけでなくイーガンにもデアドラを与えると言い出し、2人の間にデアドラを座らせて馬車(または戦車)を走らせ、嫌いなものに挟まれているデオドラを嘲笑するという行動に出る。この仕打ちにデアドラは車から身を投げ出し、岩に頭を打ち付けて自殺する[1][2]

デアドラの墓からはイチイの木が生え、同じくノイシュの墓から生えたイチイと枝を絡ませ、引き離すことができなくなったという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 井村君江『ケルトの神話』ちくま文庫、1990年、pp205-214。
  2. ^ a b c ヤン・ブレキリアン『ケルト神話の世界』中央公論社、1998年、pp381-395。

関連作品[編集]

関連項目[編集]

  • グラーニア - ケルト神話の中の「年配の王と若い婚約者(妻)女性と若い男性の三角関係」という類型譚のヒロイン。
  • ヘレネー - トロイア戦争の引き金となった美女。
  • ディアドラ - 運動靴メーカー。