ネヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイヴ・カハ > ネヴァン

ネヴァン(Nemain,Neamhain)は、北アイルランドアルスター地方)に伝わるケルト神話に登場する戦いの勝利をもたらす三女神の一柱[1]。その名は「毒のある女」を意味する[1]

バズヴ(古アイルランド語)[2]バイヴ(現代アイルランド語)〔Badb、「烏」、「魔女」の意〕[3]、またはネヴィンとも呼ばれる[4]。但し、ネヴァンとバズヴはよく同一視されるものの、別神格とする説もある[5]

ワタリガラスの姿で戦場を飛び回り恐ろしい鬨の声を上げるといわれ[3][6]、戦争中の戦士達に狂乱をもたらし同士討ちをさせる役目をもつ[1]。アルスターとコナハトの戦いの際はコナハト兵100人が彼女の与えた恐怖により死んだとされる[5]。また、水辺で血まみれの武具を洗っていることがあり、その武具の持ち主は近い内に戦死してしまう[2]。ここから死を予言する妖精バンシーデュラハンの原型であることがうかがえる[2][7]クー・フーリンが最後の戦いに向かう際、エマニアの野を流れる河の浅瀬で彼の鎧を洗っていたとされている[8]

モリガンヴァハと共に三位一体神バイヴ・カハ(バズヴ・カタ)を構成する[9]

神話ではデルバイス(Delbaeth)神と女神エルンワス(Ernmass)の間の娘で[10]、姉のモリガン、ヴァハと共に三姉妹揃って主神ヌアザの妃を務める[1]。フィル・ヴォルグ族との戦いでは魔法を駆使してトゥアハ・デ・ダナーンの勝利に貢献している[3][11]。そして最期は、フォモール族との戦いでバロールの放ったクロウ・クルワッハにヴァハ、ヌアザと共に殺された[1]。但し、この時バズヴは死ななかったともいわれており、モリガンと共に後の神話、伝承にも登場している[11]

また、アーサー王伝説に登場する湖の貴婦人ニミュエ(Nimue)の前身でもある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『虚空の神々』170頁。
  2. ^ a b c 『世界の神々の事典』202頁。
  3. ^ a b c 『虚空の神々』169頁。
  4. ^ 『西洋神名事典』213頁。
  5. ^ a b 『ケルト神話』146頁。
  6. ^ 『西洋神名事典』253頁。
  7. ^ 『虚空の神々』175頁。
  8. ^ 『ケルト』66頁。
  9. ^ 『虚空の神々』169、170頁。
  10. ^ 『ケルト神話』348頁。
  11. ^ a b 『ケルト神話』145,146頁。

参考文献[編集]