ムニェルニーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムニェルニーク
Mělník
Melnik - zamek.jpg
Flag of Melnik.svg Melnik CoA CZ.png
町旗 町章
位置
位置図の位置図
位置図
座標 : 北緯50度21分07秒 東経14度28分30秒 / 北緯50.35194度 東経14.47500度 / 50.35194; 14.47500
行政
チェコの旗 チェコ
 州 中央ボヘミア州の旗 中央ボヘミア州
 地区 ムニェルニーク地区
 町 ムニェルニーク
町長 ミロスラフ・ネウマン
地理
面積  
  町域 24.97km2(9.64mi2
標高 215m(705ft
人口
人口 (現在)
  町域 19077人
    人口密度   764人/km2(1979人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 276 01
公式ウェブサイト : www.melnik.info/

ムニェルニークチェコ語: Mělník)は、チェコ中央ボヘミア州にある町。首都プラハの北35km、ラベ川(エルベ川)とヴルタヴァ川との合流点に位置する。一帯は国内有数の穀倉地帯で、青果物、ジャガイモ、トウモロコシ、テンサイ、ワインなどがつくられる。ドイツ語名はメルニク(Melnik)。

歴史[編集]

5世紀から6世紀には多くのスラブ人が住み着き、後にボヘミア公ボリヴォイ1世の妻、ルドミラを輩出するプショヴァン族が中心村落を築いた。古代ローマの貨幣が出土している。1274年11月にボヘミア王オタカル2世から自治権を得て、歴代のボヘミア王妃の街となった。

観光[編集]

観光の目玉はルネサンス様式の城砦である。かつては共産主義者によって破壊されたが、後に所有者の子息により復元された。大きなワインセラーも備えられている。その向かいには聖ペテル・聖パウル教会があるが、この教会も3度再建された。

産業[編集]

国内最大級の港があり、コンテナの積み替えが行われている。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「ムニェルニーク」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ