ミノバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミノバト
ミノバト
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: Caloenas
: ミノバト C. nicobarica
学名
Caloenas nicobarica
(Linnaeus, 1758)
和名
ミノバト
英名
Nicobar Pigeon


ミノバト(学名:Caloenas nicobarica)は、ハト目ハト科に分類される鳥類の一種。

体長約40cmと大型のハトで、首から背にかけてのような羽を持っていることからその名が付いた。

近年のDNA分析の結果、ハト科の中でも17世紀末に絶滅したドードーに最も近縁の鳥であることが明らかとなった。

分布[編集]

東南アジアインドネシアベンガル湾に浮かぶインド領のニコバル諸島などに生息し、別名を「ニコバルバト」という。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類