ミッキーの青春手帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッキーの青春手帳
The Nifty Nineties
監督 ライリー・トムソン
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
音楽 チャールズ・ウォルコット
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年6月20日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ミッキーのつむじ風
次作 ミッキーの芝居見物(リメイク版)
テンプレートを表示

ミッキーの青春手帳』(ミッキーのせいしゅんてちょう、原題:The Nifty Nineties)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作した1941年6月20日公開のアニメーション短編映画作品。ミッキーマウス・シリーズの一作品である。

あらすじ[編集]

それは一冊のアルバムから始まる。

ミッキーは公園で散歩をしているとミニーに出会い、お互い恋に落ちる。二人はそのままデートをすることになり、とある劇場でショーを鑑賞することに。最初はスライドショー仕立ての紙芝居で、その内容は一人娘が酒飲みの父親を帰らせようとする悲しい物語であり、ミニーは大泣きしていた。次に内容は一段と明るくなり、フレッドとウォードによる漫才に切り替わり、ミッキーとミニーは大爆笑。こうして、ショーは幕を下ろした。

その後、ミッキーとミニーはドライブへと出かける。途中グーフィーやドナルド、デイジー、ヒューイ・デューイ・ルーイにも愛想よく挨拶をし、下り坂に差し掛かったところでミッキーは車の速度を上げるが、次の下り坂には牛が道を塞いでいた。車に気づいた牛は逃げ出す。ミッキーは車のブレーキが効かなくなって止めることが出来ず、仕舞いには牛と衝突してしまう。

デートは台無しになってしまったものの、何だがかんだで楽しそうに笑うミッキーとミニーなのであった。

登場キャラクター[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ミッキーマウス ウォルト・ディズニー 後藤真寿美 青柳隆志
ミニーマウス テルマ・ボードマン 下川久美子 水谷優子
フレッド  ?  ?  ?
ウォード  ?  ?  ?
ナレーター - 江原正士 -

スタッフ[編集]

製作 ウォルト・ディズニー
音楽 チャールズ・ウォルコット
作画監督 フレッド・ムーア
レイアウト チャールズ・コナー
原画 ウォード・キンボールレス・クラークウォルト・ケリージーン・ヘーゼルトクロード・スミス
デビッド・スウィフトマービン・ウッドワード
監督 ライリー・トムソン

映像ソフト化[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]