プレーン・クレイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飛行機狂
プレーン・クレイジー
Plane Crazy
監督 ウォルト・ディズニー
脚本 ウォルト・ディズニー
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
音楽 カール・スターリング
配給 セレブリティ・プロダクション
公開 アメリカ合衆国の旗 1929年3月17日
上映時間 約6分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ギャロッピン・ガウチョ
次作 バーン・ダンス
テンプレートを表示

飛行機狂』(ひこうききょう)、『プレーン・クレイジー』(原題:Plane Crazy)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品。ミッキーマウスの短編映画シリーズ、そしてディズニーの最初期の一作品である。

概要[編集]

ミッキーマウスの映画としては最初に制作された作品であり、当初サイレント映画として作られた本作品は1928年5月15日に試写された。しかし、当時の他のサイレントアニメーション映画と特に代わり映えするものではなく、配給会社には相手にされなかった。

本作より前に一般公開されたトーキー映画の『蒸気船ウィリー』 (Steamboat Willie) がヒットしたのち、本作もそちらに合わせトーキー映画として作り直され、シリーズ3作目として初めて一般に公開された。制作から10か月が経過した1929年3月のことであった。

あらすじ[編集]

チャールズ・リンドバーグに憧れるミッキーは仲間と協力して1機の飛行機を作り上げる。仲間達に見守られながら飛行試験をするが、まともに離陸することはできず木に衝突して大破させてしまった。しょんぼりするミッキーだったが、今度は目の前にあった自動車を無理矢理飛行機に改造する。

新しい飛行機にミニーを乗せてミッキーは離陸を試みるが、助走中に岩に激突しミッキーは飛行機から落下。ミニーが乗ったままの離陸できず走り続ける飛行機に追い回されてしまう。飛行機は暴走の途中で牛を巻き込み、道路を走る自動車に激突しそうになりながらも、なんとか飛行機に戻ったミッキーが離陸に成功させた。

飛行成功に喜ぶ2人だったが、ミニーに対しミッキーはごほうびにキスを要求。ミニーがそれを拒否すると、ミッキーは突然飛行機をでたらめに操縦し始め、怯えるミニーに対して強引にキスをする。ミニーは激怒し、パンツのパラシュートで降下。ミッキーは操縦を忘れてミニーを追おうとしてコクピットを離れたため、飛行機は墜落してしまい、更に墜落した後、ミッキーはミニーにフラれた上に自分が投げた蹄鉄まで当ったりと、ロクな事がないミッキーだった。

スタッフ[編集]

登場キャラクター[編集]

日本での公開[編集]

収録[編集]

参考文献・外部リンク[編集]

外部リンク[編集]