マタンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
農民が豚を屠殺する風景(ピーテル・ブリューゲル 画)

マタンサスペイン語:Matanza del cerdo ポルトガル語:Matança do porco)は、スペインポルトガルで概ね12月に開催される祭り又は行事である。なお「マタンサ」に近い音で発音するスペイン語の"Matanza"あるいはポルトガル語の"Matança"は、「殺すこと」を意味する普通名詞であるが、この場合は「肉を作るために家畜を屠殺する(つぶす)」ことを意味する。

概要[編集]

イスラム教勢力に支配されたイベリア半島ではキリスト教徒による抵抗運動(レコンキスタ)が長年繰り広げられ、その過程で成立したポルトガルとスペインでは反イスラムの意味もあり、豚肉を食べることが普及していった。また、西欧では農作物の作付に適さない冬場の食糧として、ドングリなどが生育する森などでブタを肥育し、冬場に順次つぶして肉にし、農作物の収穫が可能になる春場まで食いつなぐというライフスタイルが普及しており、これらの複合的な要因で生まれた行事が「マタンサ」である。

この「マタンサ」は12月を中心にスペインやポルトガルの主に農村部で行われ、行事の規模に応じて1頭~数頭のブタが伝統的な方法で屠殺され、その後解体し、食肉処理を行って、ハムソーセージ等の製造に至るものである。村うちで小規模に行われるものもあれば、比較的大きな町の広場に多数の人を集め、鳴り物の演奏が行われたり、伝統舞踊が披露されたりするものなど、形態は様々である。

「マタンサ」の対象となる家畜は、上記の事情もありブタがほとんどであり、スペインやポルトガルで12月の「マタンサ」と言えば「豚肉を作る祭り」と連想されるものであるが、「マタンサ」自体が普通名詞であるので、誤解を防ぐため文章化に当たっては“Matanza del cerdo(ブタのマタンサ)”などと表記することも多い。また、多言語が共存するスペインでは「お国言葉」による表記も一般的で、例えば北西部のガリシア州では地元の言葉で“Matanza do porco”という表現がなされている。

スペイン・ポルトガルの他、ハンガリーなど中欧・東欧地域でも、マタンサに似た行事が行われている。

問題点[編集]

基本的には日本で言うところの「豊漁祭」等に近い意味合いを持つもので、その年の最初に作られる豚肉に感謝し、また村人総出で行事に参加することで、食糧事情の厳しい冬場に備え、共同体意識を強くする性格のものである。

ブタの伝統的な屠殺方法は、(血抜きの不徹底による豚肉の劣化を最低限にする必要から、心臓死をできる限り遅らせる必要があるため)意識のある状態のままで台上などに拘束し、鋭利な刃物で急所を突いて失血死させるものが大半を占めており、現在普及しているような電気や小型銃などで瞬時に脳死状態にしてから血抜きをする方法を取らないことが少なくない。このため、死に至るまでのブタの苦痛は多大なものがあるとの指摘があり、動物愛護の観点からこれを批判する声も少なくない。また、高齢化が進む農村では重労働を要する「マタンサ」の担い手が年々減少し、村によってはマタンサそのものを取りやめたり、食肉店などで屠殺したブタを仕入れて、マタンサに間に合わせるという場所も少なくない。

一方で、マタンサの現場においてはモラルの低下も問題となっている。ブタの屠殺に先立って、農機具や重機などで逆さ吊りにしたり[1]、責め具のような道具でブタを拘束したりするなど[2]、拷問とも言える悪質な取り扱いが横行していることが投稿動画サイトなどで報告されている。例えばスペインのある町で行われたマタンサでは4頭のブタが供され、町の広場で鳴り物が演奏されるなど比較的大きなものであったが、屠殺にあたっては、パワーショベルにブタの足をくくり付けて、逆さ吊りにした上で刃物で頚部を突き刺すというもので、苦痛と恐怖の頂点に達したブタが暴れるという、まさに「地獄絵図」そのものであった。

世界の食肉処理業界においては、動物愛護の観点から苦痛の軽減が課題となっていて、伝統文化の流れを汲む「マタンサ」いえども「聖域」ではない。既に大きな町のマタンサでは電気などを用いて脳死状態にしてから血抜きを行う屠殺方法が採用されるところも存在するなど、苦痛の大きい伝統的な屠殺方法を見直す動きが見られる。一方で高齢化の進む農村部ではマタンサの担い手を確保することも課題となっている。

関連事項[編集]

参考資料[編集]