ピーテル・ブリューゲル (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・ヴァン・ダイクによるピーテル・ブリューゲル (子)の肖像

ピーテル・ブリューゲル (子)(Pieter Brueghel the Younger , 1564年か1565年 - 1636年10月10日)はブラバント公国(現在のベルギー)の画家で、父親のピーテル・ブリューゲルの作品を数多く模写したことで知られている。

正確な生年はわかっていないが、1601年5月22日には36歳となっており、1636年10月10日、72歳で亡くなっていることが分かっているので、1564年後半から1565年初めにかけて生まれたものと考えられる。

生涯[編集]

ピーテル・ブリューゲル (子) は著名な画家であったピーテル・ブリューゲルの長男である。彼が5歳の時に父親が亡くなり、1578年には母親も亡くしている。ピーテルと弟のヤンと姉妹のマリアと共に、祖母 Mayken Verhulst(彼女の夫は同じく画家のピーテル・ファン・アルスト)に引き取られる。画家であった彼らの祖母は、二人の孫に絵を描くことを教えたものと考えられる。一家は後にアントワープに移住し、ピーテルは風景画家のギリス・ファン・コーニンクスローの元に弟子入りしたと考えられる。1584年か1585年には聖ルカ組合に親方として登録される。1588年11月5日に結婚し、7人の子供をもうけた。

彼は風景画、宗教画、また幻想的な作品を残している。最後の作品達には火やグロテスクな登場人物がしばしば描かれたため、「地獄のブリューゲル」とも呼ばれている。

作品[編集]

家系図[編集]

 
 
 
ピーテル・ブリューゲル(老)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピーテル・ブリューゲル (子)
 
ヤン・ブリューゲル (父)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン・ブリューゲル (子)
 
アンナ・ブリューゲル
 
ダフィット・テニールス (子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブラハム・ブリューゲル