悪女フリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『悪女フリート』
作者 ピーテル・ブリューゲル
制作年 1562年
素材 油彩
寸法 115 cm × 161 cm (45 in × 63 in)
所蔵 マイヤー・ファン・デン・ベルフ美術館アントウェルペン

悪女フリート』(Dulle Griet、英:Dull Gret (Mad Meg))は、ルネサンス後期の風景画家、ピーテル・ブリューゲル(1525年 - 1569年)によって1562年に製作された油彩画

表記[編集]

日本では『狂女フリート』『気違いグレーテ』とも呼ばれるが、ベルギーの民族学者ヤン・グラウルズによるとdulle は、「狂気」「気違い」(mad, crazy) という意味ではなく、「激怒した」「立腹した」(wrathful, angry, hot-tempered)という意味だとしている。さらに16世紀では「意地の悪い女」「がみがみ怒る女」への蔑視語として Dulle Griet が使われていたことがわかった。現在でも、南ネーデルランド地方では、悪いフリートというと「悪女」の代名詞となっているという。もともと「フリート」というのはギリシア神話に登場する「復讐の女神」であり正義の味方とされている。「マルガレ-タ(マーガレット)」の愛称で呼ばれることもある。

内容[編集]

地獄のように一面火の海といえるような画面に、魚、蝦蟇、虫、すっぽん、いもり、鳥、さりがに、くもなど得体のしれない不気味な生物が所狭しと描かれている。中央やや左寄りに大きく描かれているのが悪女フリートで、彼女は鉄のヘルメットをかぶり、甲冑を身につけ、料理道具や家事道具、宝石箱などを手に持ち、剣を振るいながら猛進している。彼女の行き先には大きな口を開けた人間のような顔があるが、これは地獄を示している。悪女フリートの他にも多くの女性が描かれ、彼女たちも奇妙な生物を倒している。奇妙な生物は男性支配社会における男性の具現で、この絵は当時の社会による女性に向けられた蔑視、暴力行為、拷問、非人間的侮辱に対する女性軍の一斉蜂起の図像化である、とする見方もある。

ブリューゲルは『ネーデルランドの諺』という絵を描いているが、『悪女フリート』もまた諺をモチーフに描かれている。例えば「彼女は地獄の前で略奪し、無傷で戻ってくる」「地獄に行くなら剣を持って行け」「クッションの上で悪魔を縛る」「地獄から戦利品を持ち帰ろうとする者は、悪女を連れて来るのがよい」「女はひとりでも騒々しく、二人で多くのトラブルを、三人寄れば大祭り、四人で喧嘩、五人揃えば軍隊、六人いれば悪魔も戦う武器を知らない」などである。

文学作品[編集]

ベルトルト・ブレヒトの戯曲『肝っ玉母ちゃんとその子どもたち』に登場するアンナは、アンナが戦場の中を商売稼業をして国々を渡り歩くという、戦時下を生き抜くたくましい女性として描かれているために、しばしばブリューゲルの描いた『悪女フリート』を引き合いに出して語られる。またブレヒトは自身の戯曲『コーカサスの白墨の輪』に登場するグルシェについて、「グルシェはブリューゲルの描いた『悪女グレーテ』のようなところがある」と言っている。

大砲の名称[編集]

ヨーロッパでは大砲が製造されるとそれに女性の名前が付けられた。16世紀初頭にヘントに据えられた大砲に「悪女フリート」の名前が与えられ、北アイルランドのロンドンデリーやエジンバラの大砲は「気狂いメグ」(悪女フリートの別名)と名付けられた。

参考文献[編集]