ヤン・ブリューゲル (父)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ブリューゲル (父)
Jan Brueghel the Elder
生誕 1568年
ブラバント公国ブリュッセル
死去 1625年1月13日
ブラバント公国アントウェルペン
テンプレートを表示

ヤン・ブリューゲル (父)(Jan Brueghel the Elder, 1568年1625年1月13日)はブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。

イッソスの戦い.

父親は画家のピーテル・ブリューゲル (父)であり、息子のヤンアンブロシウスも画家となった。「ビロードのブリューゲル」(ビロードを思わせる色調から)、「花のブリューゲル」(好んで取り上げた)等とも呼ばれる

生涯[編集]

父親はヤンが1歳の時に亡くなり、母親も1578年に亡くなったため、兄のピーテルと姉妹のマリアと共に、画家であった祖母 Mayken Verhulst(彼女の夫は同じく画家のピーテル・ファン・アルスト)に引き取られる。画家であった祖母は二人の孫に絵画を教えたと思われる。一家は1578年以降にアントウェルペンに移住。ギリス・ファン・コーニンクスロー等の画家の下で学ぶ。1589年から7年間イタリアに滞在し、ミラノでは後に彼のパトロンとなるミラノ大司教フェデリコ・ポロメオのために働いた。1957年にアムステルダムに戻り、1601年には聖ルカ組合のメンバーとなる。1610年には南部ネーデルラント総督であったアルブレヒト・フォン・エスターライヒイサベル・クララ・エウヘニア宮廷画家に任命された。

ヤンは始め、花や果物といったものを描いていたが、後に風景画で評判を得るようになる。兄のピーテルと比べると、父親の模倣ではなく独自のスタイルを築いた。初期の作品は聖書から取った主題に、特に森を描いた風景画を組み合わせたものが多く、そのスタイルには森林画家のギリス・ファン・コーニンクスローの影響が見られる。後期になると、純粋な風景画や街の情景、静物画を描くようになっていった。

彼の作品は他の画家と共同制作が多く、そういった作品では背景を受け持った。特に友人でもあったピーテル・パウル・ルーベンスとの共同制作が知られている。

彼はアントウェルペンに工房を持ち、その地でコレラにより死去した。

主な作品[編集]

ピーテル・パウル・ルーベンスと共同制作
  • 楽園のアダムとイブ The garden of Eden with the fall of man (1615、マウリッツハイス美術館)
  • 味覚 Taste (1618、プラド美術館)
  • Madonna in Floral Wreath (1620、アルテ・ピナコテーク)

外部リンク[編集]