ヘンドリック・ファン・バーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンドリック・ファン・バーレン
生誕 1575年
アントワープ
死去 1632年
テンプレートを表示

ヘンドリック・ファン・バーレン (Hendrik van Balen, 1575年1632年)は、フランドルバロック期に活躍した画家

生涯[編集]

ヘンドリック・ファン・バーレンはアントワープに生まれた。アダム・ファン・ノールトの元で修業し、イタリアへ旅をしてさらに学んだ。[1]1592年にアントワープの聖ルカ組合に登録している。[2]ファン・バーレンは神話画や大型の祭壇画を残している。また、ヤン・ブリューゲル (父)の風景画に人物像を描き込むなど、共同制作も多い。

ファン・バーレンは自身の息子ヤン・ファン・バーレンだけでなく、アンソニー・ヴァン・ダイクフランス・フロリスも教えた。

[編集]

参照[編集]

  1. ^ Henrik van Balen biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by Arnold Houbraken, courtesy of the w:Digital library for Dutch literature
  2. ^ Hendrik van Balen in the w:RKD