ヤン・ブリューゲル (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ブリューゲル (子)
ヤン・ブリューゲル (子)画
『楽園』(1620年頃)
絵画館 (ベルリン)
生誕 1601年9月13日
死没 1678年9月1日(76歳)
アントウェルペン

ヤン・ブリューゲル (子) (Jan Brueghel the Younger; 1601年9月13日 –1678年9月1日)は、フランドル画家ヤン・ブリューゲル (父)の息子である。

生涯[編集]

ヤン・ブリューゲル (子)は父親の元で修業し、父親と同じようなスタイルの作品を制作した。兄弟のアンブロシウスと共に、細部まで描写した風景画や寓意画を手掛けた。また、サインも含めて父親の模写を制作し売っていた。彼の作品は父親のものと比べるとやや質が落ち、色遣いが明るい。

1624年からアンソニー・ヴァン・ダイクと共にイタリアを旅したが、1625年に父親がコレラで亡くなったため、アントワープに戻って工房を引き継いだ。1626年には画家アブラハム・ヤンセンスの娘と結婚し、後に11人の子供をもうけている。1630年には聖ルカ組合の組合長となった。同年、フランスの宮廷から依頼を受けている。その後はオーストリアの宮廷からの依頼を受けたり、パリでも活躍し、1657年には再びアントワープに戻っている。彼はルーベンスヘンドリック・ファン・バーレンアドリアーン・ファン・シュタルベムトルーカス・ファン・ウーデンダフィット・テニールス (子)、アブラハム・ヤンセンス等、同時代の著名な画家達と共同制作している。

家系図[編集]

 
 
 
ピーテル・ブリューゲル(老)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピーテル・ブリューゲル (子)
 
ヤン・ブリューゲル (父)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン・ブリューゲル (子)
 
アンナ・ブリューゲル
 
ダフィット・テニールス (子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブラハム・ブリューゲル

外部リンク[編集]