アブラハム・ブリューゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブラハム・ブリューゲル
生誕 1631年
アントワープ
死没 1690年
ナポリ

アブラハム・ブリューゲル (Abraham Brueghel, 1631年1690年)は、フランドル画家。多くの画家を輩出したブリューゲル家の出で、ヤン・ブリューゲル (子)の息子である。花を描いた静物画で知られている。

生涯[編集]

アブラハム・ブリューゲルはアントワープで生まれ、若い時期のほとんどをそこで過ごし、父親の元で修業した。彼は若い頃からその才能を発揮し、10代から高い評価を得るようになった。

1649年、18歳の時にイタリアに赴き、シチリア貴族の元で活動する。この頃から花を描いた静物画を多く描くようになった。

10年後の1659年にはローマに移り、翌年イタリア人女性と結婚。1670年にはアカデミア・ディ・サン・ルカのメンバーとなっている。

その後ナポリに移り、1690年に亡くなるまでその地で過ごした。

家系図[編集]

 
 
 
ピーテル・ブリューゲル(老)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピーテル・ブリューゲル (子)
 
ヤン・ブリューゲル (父)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤン・ブリューゲル (子)
 
アンナ・ブリューゲル
 
ダフィット・テニールス (子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブラハム・ブリューゲル