マゴチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マゴチ
MaKC.jpg
マゴチ
Platycephalus sp.
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: カサゴ目 Scorpaeniformes
亜目 : コチ亜目 Platycephaloidei
: コチ科 Platycephalidae
: コチ属 Platycephalus
: マゴチ Platycephalus sp.
学名
Platycephalus sp.
和名
マゴチ (真鯒)
英名
Flathead

マゴチ (真鯒、Platycephalus sp.)は、カサゴ目コチ科に属する魚類日本近海に分布するコチの中では大型の種類で、美味な食用魚でもある。地方名にはホンゴチ、クロゴチ(西日本)、ゴチゴロウ、ゴチゴロ、ゼニゴチ(長崎県)、スゴチ(愛媛県)などがある。

特徴[編集]

全長は50cmほどだが、最大1mほどの大型個体もたまに漁獲される。なおカサゴ目のコチは雄性先熟の性転換をおこなうことが知られ、マゴチの場合は全長40cmを超える大型個体は全てメスである。

体は上から押しつぶされたように左右に平たい。特に頭部がシャベルのように左右に平たいことから、英語でのコチ類の総称は「平たい頭」(Flathead)である。口は大きく、下顎が上顎より前に突き出ている。目は小さく、下顎の先端は丸い。胸びれに小さな褐色の斑点がある。腹側は白いが、背中側は黄褐色-褐色をしていて、細かいまだら模様がある。ただし、海底の砂泥の色に合わせて体色をある程度変えることもできる。

生態[編集]

日本の分布域は、日本海側は新潟県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。なお、マゴチや近縁種のヨシノゴチは、奄美大島以南の太平洋インド洋地中海に分布する Platycephalus indicus と同一種とされていたが、研究が進み別種とされるようになった。ただし、まだ学名が決まっていないので、学名は"Platycephalus sp. "( コチ属の一種)という表現がされる。

海岸から水深30mほどまでの砂泥底に生息する。夏は海岸近くに寄ってきて、砂浜海岸や干潟の海中などでも姿を見ることができ、河口などの汽水域にもよく侵入するが、冬はやや深場に移る。

海底の砂底に腹をつけて生活する底生魚で、あまり動き回らずに平たい体と褐色の体色で砂底に擬態し、敵や獲物の目をあざむく。砂底に浅くもぐることもできるので、ぱっと見たくらいでは砂底と見分けがつかない。海岸を泳いでいると、目の前の砂底から突然マゴチが飛び出て逃げだし、こちらが驚かされることもある。

食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコイカハゼキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。

産卵期は初夏で、海岸近くの浅場で産卵する。稚魚は最初浮遊生活を送るが、やがて底生生活に移る。

利用[編集]

が旬で高級食材として扱われ、釣りの対象としても人気がある。ただし頭部には小さな棘が多いので、不用意に手で触るとけがをする。

体の前半部分は骨が多いが、尾の近くは骨も少ない。身は歯ごたえのある白身で、刺身洗い寿司種、煮付けなど、いろいろな料理で食べられる。

同属種[編集]

日本には他にヨシノゴチというマゴチによく似た種類も分布する。下顎の先がとがり、マゴチより目が大きくて両目が接近する。胸びれ後半部が黒い。また、マゴチよりも沖合いに生息している。

参考文献[編集]

  • 鹿児島の自然を記録する会編『川の生き物図鑑 鹿児島の水辺から』290頁 南方新社 ISBN 4-931376-69-X
  • 岡村収監修 山渓カラー名鑑『日本の海水魚』(コチ科執筆者 : 今村央)218頁 ISBN 4-635-09027-2
  • 藍澤正宏ほか『新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方』63頁 講談社 ISBN 4-06-211280-9
  • 檜山義夫監修 『野外観察図鑑4 魚』改訂版 66頁 旺文社 ISBN 4-01-072424-2
  • 永岡書店編集部『釣った魚が必ずわかるカラー図鑑』109頁 ISBN 4-522-21372-7
  • 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』117頁 北隆館 ISBN 4-8326-0042-7