キス (魚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キス科
Sunday fishing in Tokyo bay.jpg
シロギス Sillago japonica
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: キス科 Sillaginidae
学名
Sillaginidae Richardson1846
タイプ属
Sillago
Sillaginidae distribution.png
生息域

キス(鱚、鼠頭魚)は、スズキ目スズキ亜目キス科学名Sillaginidae)に所属する魚類の総称である[1]

あるいは、シロギスSillago japonica、分類によってはSillago sihama)の異称[2]、あるいはシロギスがキスの異称[3]ともされる。

キス科には、ホシギスアオギスなど、沿岸の浅い海で暮らす種類を中心に3属31種が記載されている[4]。キス類の多くは食用に利用されるほか、釣りの対象としても人気が高い。

分布[編集]

キス科は、南アフリカから日本、オーストラリアにかけてのインド洋および西部太平洋に分布する[4]

生態[編集]

ほとんどの仲間は海岸付近の砂底で生活するが、一部の種類の稚魚は河口などの汽水域で成長するほか、ごくまれに淡水に進出するも知られている[4]

産卵期である夏には沿岸のごく浅い場所まで移動し、砂浜などでも頭を下げて海底を嗅ぎまわるように泳ぐ姿を見ることができる。食性肉食性で、ゴカイスナモグリヨコエビなど海底にひそむ底生生物を捕食する。

形態[編集]

キス科の仲間は細長い円筒形の体型をもち、口は小さい[5](口先)はとがり、砂底に潜む獲物を探るために利用される。全長45cm程度にまで成長する種類が多いが、最大では70cmに達することもある[4]浮き袋は欠くか、あるいは痕跡的で、存在する場合は多数の突起による複雑な構造を示す[4]

背鰭は2つあり、互いの間隔はごく狭いか、ほとんど近接している[4]。第1背鰭は10–13本の棘条で、第2背鰭は1本の細い棘条と16–27本の軟条で構成される[4]。臀鰭の基底は長く、2棘14-26軟条[6]椎骨は32–44個で、スズキ目内の30種余りの小グループとしては例外的に変化が大きい[4]

利用[編集]

ほとんどのキス類が食用に利用される。釣りの対象魚としても人気が高く、舟や海岸からの投げ釣りは誰でも楽しむことができる。遠浅の浜に脚立を立て、その上に腰掛けて釣るスタイルもある。ゴカイなど多毛類生き餌を使う。

身は脂肪が少なく柔らかい白身で、塩焼きのほか刺身天ぷらフライなどに調理され美味。

分類[編集]

アオギス Sillago parvisquamis江ノ島水族館における飼育個体)。個体数を大幅に減らし、絶滅が危惧される種類[5]
ホシギス Sillago aeolus。胸鰭基底部の黒色斑が生時の特徴[5]
モトギス Sillago sihama。アオギスとよく似た種で、インド太平洋に幅広く分布する[5]

キス科にNelson(2006)は3属31種を認めている[4]。本稿では、FishBaseに記載される3属33種についてリストする[6]

おもな種[編集]

シロギス Sillago japonica
全長35cm。北海道南部以南の日本沿岸から東シナ海にかけて分布する[5]。体色は淡い褐色だが、体側は光を反射して虹色に光る。投げ釣りのもっとも一般的な対象魚である。シロギスのみを対象とした釣り大会も開催される。
アオギス Sillago parvisquamis
全長40cm。名のとおり体色に青みが強い。かつては東京湾や伊勢湾にも分布したが、開発や水質汚濁によって産卵に必要な干潟を失い、今日では九州や台湾など限られた地域に生き残るのみとなっている。遠浅の浜に脚立を立てて釣る方法は、もともとシロギスよりも警戒心の強いアオギスを釣るためのものだった。
ホシギス Sillago aeolus
全長25cm。奄美大島以南に分布する。死ぬと体側に褐色の斑点が浮かび上がる[5]
ダイオウギス Sillaginodes punctata
最大で全長70cmに達する大型種。オーストラリア近海に分布し、日本には生息しない。全身に褐色の小さなまだら模様がある。

出典・脚注[編集]

  1. ^ “キス【鱚】”, 広辞苑, 第4版, 岩波書店, (1998) 
  2. ^ 谷口順彦, “キス(鱚)”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%AD%E3%82%B9%EF%BC%88%E9%B1%9A%EF%BC%89/ 
  3. ^ 羽生功 (1974), “キス”, 万有百科大事典 動物, 小学館 
  4. ^ a b c d e f g h i Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7 p.357
  5. ^ a b c d e f 岡村収尼岡邦夫監修 『日本の海水魚』 山と溪谷社 1997年 ISBN 4-635-09027-2 p.307
  6. ^ a b Sillaginidae”. FishBase. 2012年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]