生き餌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
爬虫類用の生き餌として販売されているネズミ

生き餌(いきえ、いきえさ、: Live food、Live Baits)とは、生きた小動物を加工せずににすることを指す。生餌とも書かれる。

概要[編集]

釣りの際、野生状態で食べているものを餌にすることで、いわば釣りの基礎である。釣りの対象になる魚貝類の好むもの全てが餌と呼べるが、当然餌の種類も多種になる。多くの魚はどちらかといえば動物質を食べる。植物質を食べるものでも動物質を全く食べないのは多くない[要出典]。したがって動物質の小動物が餌に選ばれることが多い。それものないものが食べやすいから、裸の柔らかいが餌に選ばれることが多い。淡水であればミミズ海釣りではゴカイがもっともよく使われる生き餌である[要出典]。他にウジ虫をおがくずにまぶして販売されている事もある。軍隊のサバイバル教本では寄生虫を釣り餌として保存するよう記述されている所もある[要出典]。 自分で掘って探してもよいが、釣具店では生き餌も販売されている。これを針に通すようにつける。が餌の体から見えない方がよいが、方法は様々である。海の場合、小海老小魚を釣り餌とする例も多い。他にユムシ等も地方によっては使われる。尚、釣具店で販売されている生き餌の中には成長を抑えるホルモン剤や病気を抑える薬剤が含まれているので目的外(食料観賞魚飼育など)に使用しない方が良い[要出典]

渓流では川虫が最も生き餌の対象となる。しかし、ヤマメイワナオイカワカワムツなど、比較的多くの川魚は夏季には水面に落下した昆虫を食べることも多いため、アリバッタなどの陸生昆虫を餌にすることもできる。[1]

なお、畑正憲はうまい魚を釣るための餌はうまい、と主張して、ゴカイやユムシなどを食べたことを自著に記録している[要出典]

動物の飼育に使われる生き餌[編集]

肉食魚などの飼育には生き餌が用いられることもある。この場合は、メダカワキンなどの安価な魚や、コオロギミルワームなどの昆虫エビザリガニカエルなどが使われる[2]

その他の釣り用の餌[編集]

  • ルアー:小魚などを模した疑似餌
  • 毛針:小さい虫に見えるように、毛を釣り針に付けたもの。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉田徹、「自然を満喫!渓流フィッシング」、永岡書店、2001年、p48~49
  2. ^ 生き餌

関連項目[編集]