ポンデザール (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポンデザール(芸術橋)
ポンデザール
所在地 フランス
パリ
セーヌ川
長さ 155m
11m
形式 アーチ橋
素材 鋼鉄
建設 1982-1984年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

ポンデザール(仏 : Pont des Arts)は、フランスパリセーヌ川に架かる橋である。

ポンデザールはセーヌ川左岸のフランス学士院と右岸のルーヴル宮殿のクール・カレ(方形宮)を結んでいる。ルーヴル宮殿は第一帝政時代にPalais des Arts(芸術の宮殿)と呼ばれていたため、Pont des Arts(芸術橋)と名付けられたのである。

ポンデザールの歴史は1802年まで遡る。1802年から1804年にかけて現在の橋の位置に9連アーチの鋼鉄製の歩道橋がパリで初めての金属製の橋として架けられた。第一統領、ナポレオン・ボナパルトの命令によるものだった。設計はルイ・アレクサンドル・セザールが担当し、周囲の景観にふさわしい橋として建設された。1852年にはコンティ通りを拡幅するために左岸の2つのアーチが1つのアーチに変更された。

1976年、土木局により橋が脆弱になっていることが報告された。1918年1944年の2回の爆撃と、1961年1970年に起こった船の衝突が原因だった。そのため1977年に橋は閉鎖され、1979年に船が衝突したときに60mにわたって崩壊した。現在の橋はその後1982年から1984年にかけて架けられたものである。新しい橋のデザインは旧ポンデザールに似せて造られたが、隣のポンヌフ(7連アーチ橋)に合わせてアーチの数が9から7に減らされている。1984年6月27日、パリ市長だったジャック・シラクによって除幕された。

朝のポンデザール

愛の南京錠[編集]

無数に取り付けられた「愛の南京錠」、2012年。

2008年頃より、恋人同士が永遠の愛を誓い、南京錠に二人の名前を書いて欄干の金網に取り付けて鍵をかけ、その鍵をセーヌ川に投げ込む「カデナ ダムール(愛の南京錠)」が流行した[1]。錠前の重さは橋全体で50トンを超えるとの試算もあり、2014年6月には欄干の金網の一部が崩れて橋が一時閉鎖される事態になった[2]

京都市の芸術橋計画問題[編集]

1997年京都市内を流れる鴨川三条大橋四条大橋の間にポンデザールを模したデザインの歩道橋を架けるという計画が浮上し、都市の景観設計、都市開発のあり方を巡り議論が起こった。結果ポンデザール案は撤回された。

交通[編集]

隣の橋[編集]

(上流)シャンジュ橋ポンヌフポンデザールカルーゼル橋ロワイヤル橋(下流)

脚注[編集]