ポンジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポンジャンは、日本で考案された麻雀のルールを簡略化したテーブルゲームである。

概要[編集]

ギャンブルのイメージが強く子供にはふさわしくないとされる麻雀をアレンジ、ルールを簡素化し雰囲気を味わえ、子供から高齢者まで楽しめるゲームという位置付けで売り出された。のちにはゲームソフトも発売された。

商品によっては「ドンジャラ」とも呼ばれるが、これはかつて存在した玩具会社ポピー(現バンダイ)の登録商標である。牌のデザインには当時の人気アニメの登場キャラクターを採用するのが定番であり、全盛期には玩具メーカーの重要なキャラクター商法の対象ともなった(ドラえもんポケットモンスターモーニング娘。AKB48など)。

厳密には「ポンジャン」もトミーの登録商標であるが、こちらは商品名ではない。また、ジャンポンという類似のゲームもあるが、これにはポンが存在しない(ロン上がりは可能である)。

「ポンジャン」の名称の商品は1970年代に玩具メーカーのアノアが、同社の消滅後はクローバーが発売。現在はアノア版の復刻版が流通している。

ルール[編集]

製品によって役などは大きく異なる。ここでは共通部分に限って説明する。

ゲームの目的[編集]

最終的に他の競技者より多くのチップを得ることを目標とする。

1つのゲームは数回のプレイ(局)からなり、それぞれのプレイは手牌で同一の牌3枚ずつの組み合わせを作ることで上がりになる。上がった人の点数をルールブックによって計算し、それ以外の人から点数に従ってチップを得ることができる。

使用する道具[編集]

80枚強の、直方体のを使用する。通常、牌は9つの種類に別れ、おなじ種類の牌は9枚ずつある(10種x8枚など、異なる組み合わせのものもある)。牌の種類は、背景色やマーク・点数などで区別される。違うキャラクタが描いてあるからといって、必ずしも違う種類ではない。これに加えてワイルドカード(ドンジャラでは「オールマイティ」と呼ばれる)が加わることがある。

チップは、ゲーム開始前に各人に分配する。最初に配るチップの量は、製品によって異なる。

ほかにサイコロ2個を使用する。

プレイの準備[編集]

最初のプレイでは、なんらかの方法で親を決める。 各人は牌を自分の前に伏せて、2段のを作る。ワイルドカードのある82枚セットでは、親が22枚、子が20枚の山を作る。

サイコロを振って、それによって決まった場所から各人に2枚ずつ4回配る。したがって各人の手牌は8枚になる。

親に最初9枚配ることもある。この場合は親は山から牌を取らず、最初から捨てる。

コンピュータを使ったゲームの場合、山は作られず、残りの牌の数だけが表示されることが多い。

プレイの進行[編集]

親から順に、時計回りにプレイが進行する。山から牌を1枚とり、手牌に加えて9枚とする。9枚が、同一種類の牌の3枚組(「セット」と呼ばれる)3つから成り立っている場合は、そこで上がりとなり、プレイは終了する。そうでないときは任意の1枚を捨てる。ワイルドカードは任意の牌のかわりに使うことができる。

自分の手番で、あと1枚で上がりになる状態になった場合は、牌を捨てる際にリーチ(呼び名は製品により異なる)を宣言できる。リーチを宣言した人は、山から取った牌で上がりにならない場合は、その牌をそのまま捨てなければならない。そのかわり、他人が捨てた牌で上がること(ロン)ができるようになる。

プレイが終わったら、ルールブックにしたがって点数の計算をする。ロンの場合はその牌を捨てた人がひとりでチップを払う。そうでない場合は、合計がその点数になるように、上がった人以外が分割して払う。親は、自分が上がった時は子の1.5倍の点を得ることができるが、他人がロン以外で上がった時は子の倍を支払う必要がある。

山札がなくなっても誰もあがることができない場合は、流局となり、チップのやりとりは発生しない。

ゲームの終了[編集]

2回目以降のプレイでは、前回に勝ったのが親であれば、その人が連続して親になる。子が勝つか、流局になった場合は、時計回りに次の人が親になる。

すべての人が2回親になり終わるか、誰かのチップがなくなったらゲームの終了になる。

麻雀との違い[編集]

共通[編集]

  • 人数は2人~4人。いずれも一荘戦
  • 親のあがりで。積み点なし。
  • 点数のやり取りは麻雀における点棒の代わりにプラスチック製の「チップ」を使用する。
  • メンゼンテンパイした場合はリーチしなければロン上がりが出来ない(リーチなしのロン上がりを認めるローカルルールもある)。ただしツモ上がりはリーチをしたしないに関わらず認められる。
  • カンはなし。
  • フリテンはなし。
  • 流局で点のやり取りはない。
  • ドラは設定しない。ただし、ドンジャラでは現物で設定するローカルルールもある。
  • 誰かがハコ、すなわち持ち点がなくなったら終了。

ポンジャン[編集]

  • 牌は「船」「自動車」「飛行機」の三種類の絵柄で、各絵柄に赤、黒、青と色の異なるものが9枚ずつ、計81枚を使用する。なお壁牌を作る際、奇数なので1枚牌が余るが、これは卓の中央に置かれ親の第一ツモ牌となる。
  • 以下の計11種類の役がある。※カッコ内は点数
    • 3色9種(親6点・子3点):絵柄も色も違う9枚の牌を揃える
    • ポンジャン(親6点・子3点):絵柄・色は任意でセットを3つ作る
    • 3色(親10点・子5点):絵柄は任意、赤・黒・青の三色でセットを3つ作る
    • 3種(親10点・子5点):色は任意、船・自動車・飛行機の三種でセットを3つ作る
    • 6連(親30点・子15点):同じ絵柄・色を6枚揃え、任意のセットを1つ作る
    • 3種3色(親30点・子15点):絵柄も色もそれぞれ異なるセットを3つ作る
    • 1種3色(親60点・子30点):同じ絵柄の赤・黒・青の三色でセットを3つ作る
    • 3種1色(親60点・子30点):同じ色の船・自動車・飛行機の三種でセットを3つ作る
    • 1色6連(親60点・子30点):同じ絵柄・色を6枚揃え、それらと同じ色で任意の絵柄のセットを1つ作る
    • 1種6連(親80点・子40点):同じ絵柄・色を6枚揃え、それらと同じ絵柄で任意の色のセットを1つ作る
    • 1色9連(親200点・子100点):同じ絵柄・色を9枚揃える

ドンジャラ[編集]

  • 同じ絵柄(もしくは同じ属性)かつ同じ色(厳密に言えば絵柄の背景色)の牌が9個ずつの計81枚と、オールマイティーと呼ばれる牌を1枚(ローカルルールにおいては2枚の場合もあり)加えてゲームに使用する。オールマイティー牌はその名の通り役を構成する際あらゆる牌の代わりに使用することが出来る(ただし、オールマイティー牌での副露ロン上がりは出来ない、テンパイ時にツモった時のみ有効、リーチ時それを捨てると役になる、等のローカルルールもある)。
  • 「ポンジャン」と違い、こちらの牌には絵柄ごとに「10」「5」「1」という数字が記載されており、セットを完成させるとそれぞれ「10点」「5点」「1点」の点数がつく。
    • 例えば、「10」の絵柄で1セット、「5」の絵柄で1セット、「1」の絵柄で1セット作ってあがった場合、上がり点は10+5+1=16点となる。
    • バージョンによっては点数とは別に牌の通し番号(この番号は原則としてゲームには使用しない)が打たれているものがあるので、混同しないように注意が必要である。
  • ドンジャラにも役が存在し、ある条件を満たせば役として設定された点数がつく。基本的にはポンジャンと同じだが、点数は異なる。
    • 例えば上記の例の場合、3つのセット全て違う色で揃えれば「三色」という役になり20点、全て同じ色で揃えた場合は「同色3セット」という役になり50点となる。
    • 役の設定は「ポンジャン」より多く、牌に描かれたキャラクターならではの役なども存在する。

コンピュータゲーム[編集]

ポンジャンもしくはそれに類する物が収録されている、コンピュータゲームを以下に挙げる。

外部リンク[編集]