ホルン協奏曲 (グリエール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホルン協奏曲変ロ長調Концерт для валторны с оркестром)作品91はレインゴリト・グリエール1951年に作曲したホルン協奏曲。演奏時間は約25分。

作曲の経緯[編集]

1938年から40年間にわたりボリショイ劇場管弦楽団の首席ホルン奏者を務めたヴァレリー・ポレフ(en)の依頼で作曲された。グリエールは活動のごく初期、1908年にホルンとピアノのための小品を作曲しているが、ホルン協奏曲の構想はそれまで思い付かなかった。依頼者であるポレフからは、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲を模範とするよう提案があったというが、両曲に顕著な類似点は見られない。

初演[編集]

1951年5月10日レニングラードでポレフ独奏、作曲者指揮レニングラード放送交響楽団にて初演[1]

構成[編集]

第1楽章 Allegro

ソナタ形式。再現部直前にカデンツァが置かれる。初演時はポレフがカデンツァを作曲した。

第2楽章 Andante

三部形式

第3楽章 Moderato - Allegro vivace

ロシア舞曲を思わせるような曲調。熱狂的に終わる。

脚注[編集]

  1. ^ 初演日付は1952年1月26日という説もある。これはモスクワで舞台初演された日付か?同年、ポレフ独奏グリエール指揮ボリショイ劇場管弦楽団の顔触れで初録音が行われている。

外部リンク[編集]